Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

VARに翻弄されたアバイー側は不満を溜める結果に アトレチコ・ミネイロが白星発進

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第1節 アトレチコ・ミネイロ 2-1 アバイー
▲ 52分にゴールを決めた元ブラジル代表FWヒカルド・オリベイラ(9番)の肩を組んで祝福するジェウバニオ(49番)
2019年のカンピオナート・ブラジレイロは4月27日に開幕し、27〜28日に各地で第1節が行われた。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われた「アトレチコ・ミネイロ×アバイー」は、アトレチコ・ミネイロが接戦を制した。

リベルタドーレスでグループリーグ敗退という屈辱に面した直後ともあって、スタンドを埋めた観衆はまばら。それでも立ち上がりから攻め込んで試合の主導権を握ったアトレチコ・ミネイロは、44分にペナルティエリアの右端で生まれたルーズボールを拾った元ブラジル代表FWヒカルド・オリベイラが、背後からパウリーニョに押し倒されてPKを獲得。ファービオ・サントスがPKを決めて、アトレチコ・ミネイロに先制点をもたらした。

ところが後半の開始早々に、アバイーが追いつく。46分、右サイドからのアーリークロスでキーパーと対峙したパラグアイ人FWフェリシアーノ・ブリスエーラがキーパーと交錯しながら右足を高く上げてボールに当てると、ボールはキーパーの足にも当たってゴールへと転がった。VAR(ビデオアシスタントレフェリー)によるオフサイドの確認も行われたが、主審はブリスエーラのゴールを認定した。

それでも52分には、ドリブルで二人を抜いたジェウバニオが右サイドからペナルティエリアに入って中央へパスを出すと、ヒカルド・オリベイラが右足で合わせてゴールに流し込み、アトレチコ・ミネイロは勝ち越しに成功した。

アバイーは63分にコーナーキックからベトンがゴールネットを揺らしたが、VARの結果ハンドがあったとしてベトンのゴールは取り消されることに。一方、アトレチコ・ミネイロは87分にカウンターでキーパーをも振り切ったヒカルド・オリベイラが右サイドへ流れかけたボールを止めて、左足でシュート。しかしボールはクロスバーを直撃して、ヒカルド・オリベイラは怪訝な表情を浮かべた。

試合終了後には、VARによるノーゴールに対してクレームを入れたベトンにイエローカードが出される一幕もあった。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第1節 (2019/04/27)
アトレチコ・ミネイロ 2-1 アバイー
ビクトル GK ブラジミール
グーガ
レオナルド・シウバ
イアゴ・マイダーナ
ファービオ・サントス
DF イウリ
ベトン
マルキーニョス・シウバ
パウリーニョ
アジウソン
エリーアス
(ビニシウス)
ルアン
MF ジョニー・モスケーラ
(アンドレ・モリッツ)
ペドロ・カストロ
マテウス・バルボーザ
ジェジェ
(ジョニス・カリオカ)
ジョアン・パウロ
ジェウバニオ
ヒカルド・オリベイラ
(ジョゼ・ウェリソン)
ジミ・チャラー
(ジャイル)
FW ジェトゥーリオ
(フェリシアーノ・ブリスエーラ)
(PK) ファービオ・サントス 45+1
ヒカルド・オリベイラ 52
ゴール 46 フェリシアーノ・ブリスエーラ
イエロー
カード
ベトン
ホドリーゴ・サンターナ 監督 ジェニーニョ
主審: ホドウフォ・トスキ・マルケス
会場: エスタジオ・インデペンデンシア (ベロ・オリゾンチ)
2019.04.27

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。