Superliga Argentina 2019-2020スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020

ガブリエル・ミリート監督率いるエストゥディアンテスが勝って暫定8位に マスチェラーノはフル出場

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 第18節 エストゥディアンテス 3-1 ウニオン
▲ 35分に先制のゴールを決めたマルティン・カウテルッチョに背後から飛び乗って祝福するファン・フエンテスらエストゥディアンテスのイレブン
1月30日〜2月3日に行われたスーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 の第18節。ラ・プラタで行われた「エストゥディアンテス×ウニオン」は、マルティン・カウテルッチョの2ゴールなどでエストゥディアンテスが快勝した。

序盤からボールを支配して攻め込んだエストゥディアンテスは、35分に先制。中盤からのフリーキックでペナルティエリアを上がったアンヘル・ゴンサーレスがゴールエリア付近でボールを中央に折り返すと、キーパーが右手に当てて生まれたルーズボールをカウテルッチョが右足ボレーでゴールに蹴り込んだ。

後半、エストゥディアンテスは51分にナウエル・エステベスが右足でミドルシュートを打つと、クロスバーを直撃して跳ね返ったボールをカウテルッチョがヘディングでゴールに押し込んでリードを広げた。

一方、57分までに3人の交代枠を使い切ったパトロナートは、78分にセットプレイからゴール前の混戦でこぼれ球を拾ったハビエル・メンデスが左足でゴールに沈めて1点差に詰め寄った。だが83分にジョナタン・ボッティネッリが二度目の警告で退場になり、数的不利に陥った。

すると数的有利になったエストゥディアンテスは、85分のセットプレイでジョナタン・チュンケがペナルティエリアでフランコ・カルデロンにホールディングされて転倒すると、主審はカルデロンのファウルを取ってエストゥディアンテスにPKを与えた。このPKをマテオ・レテーギが決めて、勝利をたぐり寄せた。

暫定で8位に浮上したエストゥディアンテスは元アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノがフル出場しただけでなく、1月30日にはアルゼンチン代表DFマルコス・ロホをマンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍で獲得した。今季は残り5試合となったが、エストゥディアンテスはさらに順位を上げそうな勢いだ。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 第18節 (2020/02/01)
エストゥディアンテス 3-1 ウニオン
マリアーノ・アンドゥハル GK セバスティアン・モジャーノ
ファクンド・サンチェス
ジョナタン・チュンケ
ファン・フエンテス
ルーカス・ロドリゲス
DF ブライアン・ブラーシ
フランコ・カルデロン
ジョナタン・ボッティネッリ
クラウディオ・コルバラン
ハビエル・マスチェラーノ
ナウエル・エステベス
(エンソ・カリンスキ)
ガストン・フェルナンデス
(イバン・ゴメス)
アンヘル・ゴンサーレス
ディエゴ・ガルシア
MF ハリル・エリーアス
ハビエル・メンデス
エセキエル・ボニファシオ
(マルセーロ・カブレーラ)
フェデリコ・ミロ
(ガブリエル・カラバハル)
マルティン・カウテルッチョ
(マテオ・レテーギ)
FW ワルテル・ボウ
ニコラス・マッソーラ
(フランコ・トロヤンスキ)
マルティン・カウテルッチョ 35
マルティン・カウテルッチョ 51
(PK) マテオ・レテーギ 86
ゴール 78 ハビエル・メンデス

イエロー
カード
エセキエル・ボニファシオ
ジョナタン・ボッティネッリ
ハビエル・メンデス
フランコ・カルデロン
レッド
カード
ジョナタン・ボッティネッリ
ガブリエル・ミリート 監督 レオナルド・メデロン
主審: ヘルマン・デルフィーノ
会場: エスタディオ・ホルヘ・ルイス・イルスキ (ラ・プラタ)
2020.02.01

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。