CONMEBOL Libertadores 2020コンメボル・リベルタドーレス 2020

カリに乗り込んだグレミオ ブラジル代表FWエベルトンのアシストなどで幸先良いスタートを切る

コンメボル・リベルタドーレス 2020 グループリーグ 第1節 アメリカ・デ・カリ 0-2 グレミオ
▲ 14分に先制のゴールを決めたビクトル・フェーハス(左)を背後から抱擁で祝福するアリソン
コンメボル・リベルタドーレスは3月3日に2020年のグループリーグが開幕。3〜5日に第1節が各地で行われた。コロンビアのカリで行われた「アメリカ・デ・カリ×グレミオ」は、グレミオが白星発進を決めた。

試合は、敵地に乗り込んだグレミオが6分にルーカス・シウバのロングシュートで攻撃の口火を切ると、アメリカ・デ・カリは12分にカルロス・シエーラがポストをかすめるロングシュートで反撃した。

グレミオは14分にペナルティアークの手前でセットプレイを得ると、ジエゴ・ソウザがまたいだボールをルーカス・シウバが右足でフリーキック。壁に当たったボールが、壁を追い越していたジエゴ・ソウザに当たると、ルーズボールをビクトル・フェーハスが右足でゴールに沈めた。ジエゴ・ソウザにボールが当たった時点で3人の選手が壁の裏にいたため、アメリカ・デ・カリの選手はオフサイドを主張したが、3人ともボールが壁に当たってから裏に出たことと、ジエゴ・ソウザにボールが当たった際にビクトル・フェーハスが後ろにいたことなどから、線審の旗は上がらなかった。

アメリカ・デ・カリでは42分にマティアス・ピサーノのシュートがファーサイドのポストを直撃すると、その1分後には右からのアーリークロスにカルロス・シエーラが頭で合わせたが、枠を捕らえたヘディングシュートはキーパーがファインセーブでゴールを死守した。

後半、グレミオは立ち上がりの49分に追加点を奪う。ペナルティエリアの左側でブラジル代表FWエベルトンが溜めて後方に戻すと、ペナルティエリアの外からマテウス・エンリーキが右足でゴール左隅にミドルシュートを決めて、リードを広げた。

終盤はアメリカ・デ・カリが攻撃的に出たが、グレミオは堅い守備で切り抜けた。

コンメボル・リベルタドーレス 2020 グループリーグ 第1節 (2020/03/03)
アメリカ・デ・カリ
(コロンビア)
0-2 グレミオ
(ブラジル)
エデル・チャウ GK バンデルレイ
クリスティアン・アリエータ
(ファン・ダビ・ペレス)
マルロン・トーレス
ファン・パブロ・セゴビア
エドウィン・ベラスコ
DF ビクトル・フェーハス
ペドロ・ジェロメウ
(パウロ・ミランダ)
デイビッジ・ブラス
カイオ・エンリーキ
カルロス・シエーラ
ロドリーゴ・ウレーニャ
マティアス・ピサーノ
(ジョン・アリアス)
ジェスス・カブレーラ
ドゥバン・ベルガーラ
MF ルーカス・シウバ
マイコン
(タシアーノ)
マテウス・エンリーキ
(ブルーノ・コルテス)
ミチャエル・ランヘル FW アリソン
ジエゴ・ソウザ
エベルトン
ゴール 14 ビクトル・フェーハス
49 マテウス・エンリーキ
イエロー
カード
カイオ・エンリーキ
ルーカス・シウバ
アレシャンドレ・ギマリャイス 監督 ヘナット・ガウーショ
主審: ギジェルモ・エンリケ・ゲレーロ (エクアドル)
会場: エスタディオ・オリンピコ・パスクアル・ゲレーロ (カリ)
2020.03.03

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。