Campeonato Cariocaカンピオナート・カリオカ

後半にゴールを重ねたフラメンゴがクラシコを制す 本田圭佑不在のボタフォゴは完敗

カンピオナート・カリオカ 2020 リオ杯 第2節 フラメンゴ 3-0 ボタフォゴ
▲ 57分に先制のゴールを決めたエベルトン・ヒベイロを抱擁で祝福するフラメンゴのイレブン
3月7〜8日に行われたカンピオナート・カリオカのリオ杯第2節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われたクラシコ「フラメンゴ×ボタフォゴ」は、フラメンゴが快勝した。

ボタフォゴは本田圭佑が3日に選手登録されたもののベンチには入らず。本田のボタフォゴデビュー戦は10日に行われるコパ・ド・ブラジウ(パラナー戦)と現地では報じられている。本田不在のボタフォゴは31分にブルーノ・ナザーリオの間接フリーキックで決定機を迎えたが、ペドロ・ハウーが左足で合わせたボレーシュートはニアサイドのポストを直撃。前半のアディショナルタイムには、右サイドからのフィードで最終ラインの裏へ抜け出したペドロ・ハウーがゴールネットを揺らしたが、オフサイドでノーゴールとなった。

後半はフラメンゴが反撃に転じると、57分に先制。スルーパスで左サイドからペナルティエリアに入ったミシャエウが何度か切り返して左足でクロスを上げると、キーパーが右手で触ったボールをエベルトン・ヒベイロが左足ボレーでゴールに沈めた。

▲ 68分にゴールを決めたブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザ(右)はコーナーフラッグ付近でダンスを披露
続けて68分には、左サイドをオーバーラップしてペナルティエリアまで達したヘネが、自ら上げたボールが戻ってきたのを後方に下げると、ブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザが利き足でない右足でゴールに蹴り込んで 2-0 とした。

85分にはガブリエウ・バルボーザのスルーパスでキーパーと1対1になったミシャエウが、右足のアウトサイドキックでゴールに流し込んで 3-0 としたフラメンゴ。負傷から復帰したブラジル代表FWブルーノ・エンリーキにはゴールがなかったが、主力の復帰でフラメンゴは州選手権にもリベルタドーレスにも弾みがつきそうな勢いだ。

カンピオナート・カリオカ 2020 リオ杯 第2節 (2020/03/08)
フラメンゴ 3-0 ボタフォゴ
ジエゴ・アウベス GK ロベルト・フェルナンデス
ジョアン・ルーカス
(オルランド・ベリーオ)
グスターボ・エンリーキ
レオ・ペレイラ
ヘネ
DF マルセーロ・ベネベヌート
ジョエウ・カルリ
(フェデリコ・バランデグイ)
カヌ
ダニーロ・バルセロス
ウィリアン・アロン
ジエゴ
(チアゴ・マイア)
エベルトン・ヒベイロ
MF カイオ・アレシャンドレ
(ガブリエル・コルテス)
アレックス・サンターナ
ルイス・フェルナンド
(シッセロ)
ブルーノ・ナザーリオ
ミシャエウ
ガブリエウ・バルボーザ
ブルーノ・エンリーキ
(ビチーニョ)
FW ルイス・エンリーキ
ペドロ・ハウー
エベルトン・ヒベイロ 57
ガブリエウ・バルボーザ 68
ミシャエウ 85
ゴール
エベルトン・ヒベイロ
ガブリエウ・バルボーザ
イエロー
カード
ブルーノ・ナザーリオ
ペドロ・ハウー
カイオ・アレシャンドレ
ロベルト・フェルナンデス
アレックス・サンターナ
ジョルジ・ジェズス 監督 パウロ・アウトゥオーリ
主審: ブルーノ・アルレウ・ジ・アラウージョ
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2020.03.08

★リオ・デ・ジャネイロ州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。