Campeonato Paulista 2020カンピオナート・パウリスタ 2020

元アルゼンチン代表FWボセーリが負傷退場も… 勝ったコリンチャンスは瀬戸際の準々決勝進出

カンピオナート・パウリスタ 2020 第12節 オエスチ 0-2 コリンチャンス
▲ 前半のアディショナルタイムに先制ゴールを決めたダニーロ・アベラル
7月26日に行われたカンピオナート・パウリスタの第12節。サンパウロ州のバルエーリで行われた「オエスチ×コリンチャンス」は、コリンチャンスが勝利を収めた。

序盤はオエスチがチャンスメイクし、6分にブルーノ・パライーバがペナルティエリアの手前から右足でシュートを打つと、その1分後にはカウンターでペナルティエリアの右側を上がったマジーニョがゴール前に折り返したボールが相手に当たってゴールへと軌道を変えたが、ここはキーパーが体に当てて外に弾き出した。17分には右サイドをオーバーラップしたエデル・シオーラがペナルティエリアに入って右足を振り抜いたが、枠を捕らえたシュートはキーパーが左手に当ててファーサイドへ押し出した。さらに42分にはマルロンが右足でミドルシュートを打ったが、ボールはクロスバーをかすめて枠を逸れた。

一方、勝てなければ敗退が決まってしまうコリンチャンスは、39分に相手との交錯で顔に裂傷を患った元アルゼンチン代表FWマウロ・ボセーリが負傷交代するアクシデントに見舞われる。それでも前半のアディショナルタイムにセットプレイを得ると、ブラジル代表FWルアンの間接フリーキックにダニーロ・アベラルが頭で合わせて先制した。

後半、オエスチは62分にマテウス・オリベイラのラストパスにマルロンが右足で合わせてゴールネットを揺らしたが、オフサイドでノーゴールになった。すると80分に、ブラジル代表DFファギネルをドリブルで振り切ろうとしたマルロンが、左腕でファギネルの顔面を突いてしまい、2枚目のイエローカードを受けたマルロンは退場処分になった。

対するコリンチャンスは、90分にエデルソンが右足でロングシュートを決めて、勝利を決定づけた。

試合後、ロングシュートを決めたエデルソンは、「今回は成功する機会をいただき、結果を出せた。コリンチャンスの一員として試合に出てゴールも決められて、とても幸せだ。今日楽しめたことを神に感謝する」と振り返った。

最終節でギリギリ準々決勝進出の権利を得たコリンチャンスは、レッドブル・ブラガンチーノと準々決勝で対戦する。

カンピオナート・パウリスタ 2020 第12節 (2020/07/26)
オエスチ 0-2 コリンチャンス
グラウコ GK カッシオ
エデル・シオーラ
ヘナン・フォンセカ
シジマール
グスターボ・サロモン
(ジ・パウラ)
DF ファギネル
ジウ
ダニーロ・アベラル
カルロス・アウグスト
ベチーニョ
マテウス・オリベイラ
(カウア・ジェズス)
マジーニョ
(チッチ)
MF ガブリエウ
カマーショ
(エデルソン)
ハミーロ
(シジクレイ)
ルアン
(ダボー)
マルロン
ブルーノ・ロペス
(ウェウリトン)
ブルーノ・パライーバ
(ブルーノ・ゴンサウベス)
FW エベラウド
(ジャンデルソン)
マウロ・ボセーリ
(マテウス・ビタウ)
ゴール 45+2 ダニーロ・アベラル
90 エデルソン
マルロン イエロー
カード
ダニーロ・アベラル
マルロン レッド
カード
ヘナン・フレイタス 監督 チアゴ・ヌーニス
主審: ルイス・フラービオ・ジ・オリベイラ
会場: アレーナ・バルエーリ (バルエーリ)
2020.07.26

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。