CONMEBOL Libertadores 2020コンメボル・リベルタドーレス 2020

アルゼンチンのクラブチームが再延期を要請 CONMEBOLは受け入れず9月中旬の再開へ

CONMEBOLのゴンサーロ・ベローソ副会長が説明したリベルタドーレスのスケジュールをこれ以上動かせない理由
▲ リベルタドーレスのスケジュールについて現在の意向を言葉にしたCONMEBOL(南米サッカー連盟)のゴンサーロ・ベローソ副会長
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックの中でも復活に向けて各国が動き出している南米サッカー界だが、アルゼンチンでは(国内の報道によれば8月10日となってはいるが)まだトレーニング再開に至っていない。この問題が、リベルタドーレスにも波及している。

アルゼンチンの各クラブチームは練習期間の短さに苦慮した末に、リベルタドーレスの“リスケ”をCONMEBOL(南米サッカー連盟)に提案。だが、CONMEBOLはこの提案を受け入れない意向を示している。CONMEBOLのゴンサーロ・ベローソ副会長は、次のように説明した。

「我々にはリベルタドーレスの日程をこれ以上変更・延期する術がないから、発表した通りのスケジュールで開催を考えている。もしも再延期しようものなら、エクアドル、パラグアイ、コロンビア、チリなど多くの国のリーグ戦にも影響が出てしまうのでね」

「9月15日の再開というスケジュールは、決して誤ったものではない。我々は5月以降、加盟10カ国のサッカー連盟・協会と頻繁に意見交換をしてきた。その上で決まったのが9月15日再開案だったのだ」

そして同副会長は、来年のリベルタドーレスとスダメリカーナに出場するチームをすでに決定しているアルゼンチン特有の国内スケジュールにも言及した。

「アルゼンチンは南米の他の国と違って唯一、欧州と同じ越年制を敷いているため、2021年のリベルタドーレスとスダメリカーナの出場チームはすでに決まっている。一方、他の南米諸国では今季の国内リーグを消化させなければ、2021年の出場チームを決めることもできない情勢だ。このような状況でアルゼンチンを特別扱いするわけにはいかない」

そう述べた上で、同副会長はアルゼンチンサッカー界の一刻も早い復活を望む考えも添えている。

「アルゼンチンよりも深刻な感染状況にある南米各国では、トレーニングを再開している国や公式戦まで再開できている国もある。各国政府の判断もあろうが、現場の人々が感染予防策を徹底した努力の賜物だろう。アルゼンチンも再開に向けて努力していることは理解している。サッカーを大切にしているアルゼンチンのお国柄を考慮すれば、きっとスムーズに復活できると信じている」
2020.08.03

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。