Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

旧友ヘナット氏は今も評価 6日に37歳を迎えるホビーニョが再度サントスに戻る可能性は?

8月にフリーになった元ブラジル代表FWホビーニョの去就
▲ キャリア三度目の古巣サントス復帰が囁かれ出した元ブラジル代表FWホビーニョ (※写真はサントス時代)
バシャクシェヒル(トルコ)を2020年8月に退団した元ブラジル代表FWホビーニョは、現在フリー。6日に37歳を迎えるベテランストライカーに、同選手を育てた古巣サントスが再び迎え入れるか否かがにわかに注目されている。

ホビーニョについて言及したのは、2018年まで現役を続けていた41歳の元ブラジル代表MFヘナット氏。現役時代にサントスでホビーニョとチームメイトだった同氏は、現在はサントスでフットボールディレクターを務めている。そんなヘナット氏は、ホビーニョのサントス再加入の可能性について、自身の見解を示した。

「ホビーニョがサントスに戻るかはわからないが、ここ(サントス)が彼のホームであることはいつも明確な事実だ」

「もちろん全盛期と同じスピードが今はないことは承知しているが、彼はスピードだけの選手じゃない。とても賢いし、彼がひとたびピッチに立てば相手チームにとっては今でも脅威になるだろう」

サントスの下部組織出身であるホビーニョは、デビューから2005年までと、マンチェスター・シティ(イングランド)からの期限付きで戻った2010年、そしてミラン(イタリア)からの期限付きで戻った2014〜2015年と延べ6年ほどサントスのトップリーグで活躍してきた。果たして、三度サントスに戻ることになるのか否か。

◆ ホビーニョ

本名:
ホビソン・ジ・ソウザ
生年月日:
1984年9月6日生まれ(36歳)
出身:
ブラジル(サンパウロ州サン・ビセンチ)
身長:
172cm
ポジション:
フォワード

2002年にサントスの下部組織から昇格すると、同年と2004年のブラジレイロン優勝に貢献。2005年にはレアル・マドリー(スペイン)へ移籍し、2008年にはマンチェスター・シティ(イングランド)、2010年にはミラン(イタリア)と欧州のビッグクラブを渡り歩いた。2015年には広州恒大(中国)に移籍したが水が合わず、2016年にはアトレチコ・ミネイロへ移籍すると、ミラン時代の輝きを取り戻した。2018年以降はトルコに活躍の場を移していた。現在フラメンゴで活躍中の元ブラジル代表MFジエゴとはサントスの下部組織時からの親友。元ブラジル代表。

2020.09.02

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。