Seleção Brasileiraブラジル代表

負傷離脱のネイマールの代役が、なぜウィリアンなのか? チッチ監督がその理由を説明

ブラジル代表のチッチ監督が負傷したネイマールの代わりにウィリアンを指名したことに賛否両論
▲ ネイマールの代役としてウィリアン(左)を追加招集したチッチ監督(右)
攻撃の中心として欠かせない存在だったネイマールが、先の親善試合(カタール戦)で右足首の捻挫を理由に代表離脱となったことに伴い、ブラジル代表のチッチ監督はその代役に30歳のウィリアン(チェルシー)を指名した。この件については、ブラジル国内でも「なぜウィリアン?」と疑問の声も少なくないが…。

チッチ監督が重視したのは、ベテランであるがゆえの経験値の高さ。今回のコパ・アメリカに臨むべく呼ばれたブラジル代表FWのうち、ホベルト・フィルミーノを除いた3人は21〜22歳と若い。そこでチッチ監督は、豊富な経験を若手に伝授できる役割も兼ねて、ウィリアンを最適な選手と判断したという。

ネイマールの代役にウィリアンを選んだ理由について、チッチ監督は下記を挙げている。
1.ホベルト・フィルミーノを除いた選手は才能に溢れるが、若く、経験に乏しい。そこを補えるのはベテランしかいない。ウィリアンはその役割として適任。

2.ビニシウス・ジュニオールは将来性豊かな才能だが、短期間でチームの戦術に順応するのはさすがに難しいだろう。その点で柔軟性に富むウィリアンならば、その計算もできる。

3.今シーズンのチェルシーでウィリアンはスタメンもリザーブも両方経験し、どの状況においても尽力して計56試合に出場した。そしてUEFAヨーロッパリーグ制覇にも貢献する活躍をみせた。豊富な国際舞台での経験は、セレソンにすぐ入ってもベストを尽くせる選手として評価できる。

果たして、ネイマールの代役人事は吉と出るか凶と出るか。

◆ ウィリアン

本名:
ウィリアン・ボルジェス・ダ・シウバ
生年月日:
1988年8月9日生まれ(30歳)
出身:
ブラジル(サンパウロ州ヒベイロン・ピリス)
身長:
178cm
ポジション:
フォワード

1998年に10歳でコリンチャンスの下部組織に入団して技術を磨き、2006年に18歳でトップチームに昇格。2007年にはシャフタール・ドネツク(ウクライナ)へ移籍すると、主力として長く安定した活躍を披露した。2013年にアンジ・マハチカラ(ロシア)へ移籍したが、同年にチームの幹部が経営規模縮小を謳ったことで放出リストに載り、同年8月にチェルシー(イングランド)へ活躍の場を映した。チェルシーでは長年主力として真価を発揮している。ブラジル代表。

2019.06.08

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。