FIFA World Cup 2014 FIFAワールドカップ 2014 ブラジル大会

ミネイロンの惨劇 ネイマール不在のセレソンが歴史的大敗

2014 FIFAワールドカップ 準決勝 ブラジル 1-7 ドイツ
▲ 11分にミュラーが先制点を決めた瞬間。ドイツの得点頭をフリーにさせたセレソンのお粗末な守備には疑問が残った
7月8日に行われたFIFAワールドカップの準決勝。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われた「ブラジル×ドイツ」は、前半だけで5ゴールを奪ったドイツが大勝した。守備が崩壊したブラジルにとっては歴史的大敗となった。

キックオフから相手陣内に攻め込んだブラジルは、3分にマルセーロのシュートで最初の決定機を演出。だがドイツは11分に訪れた最初のコーナーキックを、ミュラーのボレーシュートでものにして先制した。

ボール支配率ではブラジルが上回ったが、ドイツの追加点は23分。スルーパスでペナルティエリアに上がったミュラーがくさびになって、クローゼがシュート。一度はキーパーに阻まれたが、クローゼが再び右足でゴールに流し込んでリードを広げた。

ブラジルの動揺は隠せず、25分には最終ラインを崩されて立て続けにクロースのゴールを許すと、29分にはドイツに5点目を献上。ワールドカップの準決勝とは思えないセレソンの崩壊に、スタンドでは号泣する人やブラジル人同士で喧嘩が勃発するなど騒然とした空気に包まれた。

▲ 立て続けに失点して 0-4 となった瞬間。写真に写るフェルナンジーニョ(右)とフレッジは精彩を欠いていた
ドイツの5点リードで折り返した後半、立ち上がりはブラジルが何度もチャンスメイクしたが、ノイアーの堅い守備を崩せずゴールを奪えない。逆にドイツはサイド攻撃から途中出場のシュールレが2得点を決めてブラジルにトドメを刺した。

やられっぱなしのブラジルは終了間際にオスカルが一矢を報いるも、時すでに遅し。ドイツの決勝進出が決まり、ブラジルにとっては悪夢のような90分間となった。

この試合では負傷したネイマールと出場停止のチアゴ・シウバが試合に出られず、ベストの布陣を組めなかったブラジル代表。敗因はそれだけではないが、ネイマールを軸とするチーム作りに徹してきたフェリポンは、ネイマールを欠いたときの戦い方を準備していなかったという印象もある。セレソンの歴史的大敗は、ネイマールが骨折した時点で定められていた運命だったのかもしれない。

大敗したブラジルの次戦は7月12日。首都ブラジリアで3位決定戦に臨む。

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 準決勝 (2014/07/08)
ブラジル 1-7 ドイツ
ジュリオ・セーザル GK マヌエル・ノイアー
マイコン
ダビ・ルイス
ダンチ
マルセーロ
DF ベネディクト・ヘーベデス
マッツ・フンメルス
(ペア・メルテザッカー)
ジェローム・ボアテング
ルイス・グスターボ
フェルナンジーニョ
(パウリーニョ)
オスカル
MF サミ・ケディラ
(ユリアン・ドラクスラー)
フィリップ・ラーム
バスティアン・シュバインシュタイガー
メスト・エジル
トニ・クロース
ウッキ
(ハミーリス)
フレッジ
(ウィリアン)
ベルナール
FW ミロスラフ・クローゼ
(アンドレ・シュールレ)
トーマス・ミュラー
オスカル 90 ゴール 11 トーマス・ミュラー
23 ミロスラフ・クローゼ
24 トニ・クロース
26 トニ・クロース
29 サミ・ケディラ
69 アンドレ・シュールレ
79 アンドレ・シュールレ
ダンチ イエロー
カード
ルイス・フェリッピ・スコラーリ 監督 ヨアヒム・レーヴ
主審: マルコ・ロドリゲス (メキシコ)
会場: エスタジオ・ド・ミネイロン (ベロ・オリゾンチ)
2014.07.08

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。