CONMEBOL Sudamericana コンメボル・スダメリカーナ

前半のうちに畳みかけたアトレチコ・パラナエンセ 3点を奪って勝ち上がりに好感触

コンメボル・スダメリカーナ 2018 1次ラウンド 1st.Leg アトレチコ・パラナエンセ 3-0 ニューウェルス・オールドボーイス
4月10〜12日に各地で行われたコンメボル・スダメリカーナの1次ラウンド 1st.Leg 。ブラジルのクリチーバで行われた「アトレチコ・パラナエンセ×ニューウェルス・オールドボーイス」は、前半のうちに畳みかけたアトレチコ・パラナエンセが先勝した。
2次ラウンド    コンメボル・スダメリカーナ
ホーム  (2nd.Legはアウェイ) アウェイ  (2nd.Legはホーム) 日程 詳細
O1 ヘネラル・ディアス
(パラグアイ)
-
-
ミジョナリオス
(コロンビア)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O2 ナシオナル・アスンシオン
(パラグアイ)
-
-
ボタフォゴ
(ブラジル)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O3 ソル・デ・アメリカ
(パラグアイ)
-
-
ナシオナル・モンテビデオ
(ウルグアイ)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O4 サンパウロ
(ブラジル)
-
-
アトレティコ・コロン
(アルゼンチン)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O5 ボストン・リーベル
(ウルグアイ)
-
-
バンフィエール
(アルゼンチン)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O6 フルミネンセ
(ブラジル)
-
-
デフェンソール・スポルティン
(ウルグアイ)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O7 アトレチコ・パラナエンセ
(ブラジル)
-
-
ペニャロール
(ウルグアイ)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O8 デポルティーボ・カリ
(コロンビア)
-
-
ボリーバル
(ボリビア)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O9 リーガ・デ・キト
(エクアドル)
-
-
バスコ・ダ・ガマ
(ブラジル)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O10 カラカスFC
(ベネズエラ)
-
-
スポール・ウアンカージョ
(ペルー)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O11 デポルティーボ・クエンカ
(エクアドル)
-
-
ホルヘ・ウィルステルマン
(ボリビア)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O12 デフェンサ・イ・フスティシア
(アルゼンチン)
-
-
エル・ナシオナル
(エクアドル)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O13 ラヌース
(アルゼンチン)
-
-
アトレティコ・ジュニオール
(コロンビア)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O14 サン・ロレンソ
(アルゼンチン)
-
-
デポルテス・テムーコ
(チリ)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O15 バイーア
(ブラジル)
-
-
セロ
(ウルグアイ)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
O16 ランプラ・ジュニオルス
(ウルグアイ)
-
-
インデペンディエンテ・サンタフェ
(コロンビア)
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
 
 
1次ラウンド    コンメボル・スダメリカーナ
ホーム  (2nd.Legはアウェイ) アウェイ  (2nd.Legはホーム) 日程 詳細
G1 エベルトン
(チリ)
1-2
1-0
カラカスFC
(ベネズエラ)
1st.Leg
2nd.Leg
2月22日
3月6日
 
 
G2 エストゥディアンテス・メリダ
(ベネズエラ)
1-1
0-2
デポルテス・テムーコ
(チリ)
1st.Leg
2nd.Leg
4月18日
5月9日
 
 
G3 ラヌース
(アルゼンチン)
4-2
1-2
スポルティン・クリスタル
(ペルー)
1st.Leg
2nd.Leg
2月21日
3月7日

 
G4 デポルティーボ・カリ
(コロンビア)
3-0
2-3
ダヌービオ
(ウルグアイ)
1st.Leg
2nd.Leg
4月10日
5月8日

 
G5 サン・ロレンソ
(アルゼンチン)
1-0
0-0
アトレチコ・ミネイロ
(ブラジル)
1st.Leg
2nd.Leg
4月11日
5月8日
 
 
G6 リーガ・デ・キト
(エクアドル)
2-1
2-3
グアビラー
(ボリビア)
1st.Leg
2nd.Leg
4月10日
5月8日
 
 
G7 ナシオナル・アスンシオン
(パラグアイ)
 
 
0-0
0-0
PK
4-3
ミネーロス・デ・グアジャーナ
(ベネズエラ)
 
 
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
2月15日
3月8日
 
 
 
 
 
 
G8 スポール・ロサリオ
(ペルー)
0-0
0-2
セロ
(ウルグアイ)
1st.Leg
2nd.Leg
2月20日
3月7日
 
 
G9 ソル・デ・アメリカ
(パラグアイ)
2-0
1-3
インデペンディエンテ・メデジン
(コロンビア)
1st.Leg
2nd.Leg
4月12日
5月10日
 
 
G10 バルセロナSC
(エクアドル)
0-0
1-2
ヘネラル・ディアス
(パラグアイ)
1st.Leg
2nd.Leg
2月20日
3月7日
 
 
G11 スポルティーボ・ルケーニョ
(パラグアイ)
 
 
2-0
0-2
PK
5-6
デポルティーボ・クエンカ
(エクアドル)
 
 
1st.Leg
2nd.Leg
 
 
2月13日
3月7日
 
 
 
 
 
 
G12 UTC
(ペルー)
2-0
0-4
ランプラ・ジュニオルス
(ウルグアイ)
1st.Leg
2nd.Leg
2月13日
3月8日
 
 
G13 デフェンサ・イ・フスティシア
(アルゼンチン)
0-1
3-0
アメリカ・デ・カリ
(コロンビア)
1st.Leg
2nd.Leg
2月15日
3月8日
 
 
G14 アトレチコ・パラナエンセ
(ブラジル)
3-0
1-2
ニューウェルス・オールドボーイス
(アルゼンチン)
1st.Leg
2nd.Leg
4月12日
5月10日

 
G15 ウニオン・エスパニョーラ
(チリ)
0-0
0-3
スポール・ウアンカージョ
(ペルー)
1st.Leg
2nd.Leg
2月15日
3月8日
 
 
G16 ジャグアーレス
(コロンビア)
2-1
0-3
ボストン・リーベル
(ウルグアイ)
1st.Leg
2nd.Leg
4月10日
5月10日
 
 
G17 ロサリオ・セントラル
(アルゼンチン)
0-0
0-1
サンパウロ
(ブラジル)
1st.Leg
2nd.Leg
4月12日
5月9日
 
 
G18 エル・ナシオナル
(エクアドル)
3-2
1-1
サン・ホセ・オルーロ
(ボリビア)
1st.Leg
2nd.Leg
2月22日
3月6日
 
 
G19 ブローミン
(ボリビア)
1-0
0-4
バイーア
(ブラジル)
1st.Leg
2nd.Leg
4月11日
5月23日
 
 
G20 サモーラFC
(ベネズエラ)
0-2
0-1
アトレティコ・コロン
(アルゼンチン)
1st.Leg
2nd.Leg
2月13日
3月6日

 
G21 アウダックス・イタリアーノ
(チリ)
1-2
1-1
ボタフォゴ
(ブラジル)
1st.Leg
2nd.Leg
4月12日
5月9日
 
 
G22 フルミネンセ
(ブラジル)
3-0
0-2
ナシオナル・ポトシ
(ボリビア)
1st.Leg
2nd.Leg
4月11日
5月10日

 
ルール    コンメボル・スダメリカーナ

グループリーグ制ではなく、まずは10ヵ国のクラブチームがホーム&アウェイ形式で対戦。そこを勝ち上がったクラブチームが、2次ラウンドで再度ホーム&アウェイの2試合を実施する。2次ラウンドには、リベルタドーレスのグループリーグで3位敗退となった中から上位5チームがスライド参戦する。
2次ラウンドを終えて勝ち残った16チームが決勝トーナメントに進出し、王座を競い合う。
優勝したチームには、日本で開催される翌年の「スルガ銀行チャンピオンシップ」への出場権が与えられる。

歴史    コンメボル・スダメリカーナ

スダメリカーナとは、スペイン語で Sudamericana と表記。この単語は、Sud (南) + Americana (アメリカ) の2つをミックスした造語であり、日本語に直訳すればコパ・スダメリカーナは「南米杯」の意味にとれる。その名が示すとおり同大会はその昔、長年「 コパ・コンメボル(CONMEBOL =南米サッカー連盟) 」という名称で毎年開催されていた。
長年続いたコパ・コンメボルは1999年を最後に解体、代わって南米大陸を南北に2分した形のカップ戦が始まる。これが、「コパ・メルコスール(スール=南という意味)」、「コパ・メルコノルテ(ノルテ=北という意味)」にあたる。だが、この中途半端な区分の大会は、わずか4年で消滅。これらを統合した形で、コパ・コンメボル形式として復活した南米大陸カップが「コパ・スダメリカーナ」となった。スダメリカーナそのものの歴史は2002年からで浅い。
南米唯一のポルトガル語圏であるブラジルでは、「コパ・スダメリカーナ」とは呼ばずにポルトガル語で表記。「コパ・スウ・アメリカーナ」と呼ばれている。この場合、単語はポルトガル語で、Sul (南) Americana (アメリカ) になる。

2016年のコンメボル・スダメリカーナに出場する各国のクラブチーム (一覧)    コンメボル・スダメリカーナ
アルゼンチン  (6) ブラジル  (6) コロンビア  (4) ボリビア  (4)
サン・ロレンソ
ラヌース
ニューウェルス・オールドボーイス
デフェンサ・イ・フスティシア
ロサリオ・セントラル
アトレティコ・コロン
アトレチコ・ミネイロ
ボタフォゴ
サンパウロ
バイーア
フルミネンセ
アトレチコ・パラナエンセ
インデペンディエンテ・メデジン
デポルティーボ・カリ
アメリカ・デ・カリ
ジャグアーレス
ブローミン
サン・ホセ・オルーロ
ナシオナル・ポトシ
グアビラー
パラグアイ  (4) エクアドル  (4) チリ  (4) ペルー  (4)
ソル・デ・アメリカ
ヘネラル・ディアス
スポルティーボ・ルケーニョ
ナシオナル・アスンシオン
バルセロナSC
リーガ・デ・キト
デポルティーボ・クエンカ
エル・ナシオナル
ウニオン・エスパニョーラ
エベルトン
アウダックス・イタリアーノ
デポルテス・テムーコ
UTC
スポルティン・クリスタル
スポール・ウアンカージョ
スポール・ロサリオ
ウルグアイ  (4) ベネズエラ  (4)
ダヌービオ
セロ
ランプラ・ジュニオルス
ボストン・リーベル
エストゥディアンテス・メリダ
サモーラFC
カラカスFC
ミネーロス・デ・グアジャーナ
アルゼンチン  (6) サン・ロレンソ
ラヌース
ニューウェルス・オールドボーイス
デフェンサ・イ・フスティシア
ロサリオ・セントラル
アトレティコ・コロン
ブラジル  (6) アトレチコ・ミネイロ
ボタフォゴ
サンパウロ
バイーア
フルミネンセ
アトレチコ・パラナエンセ
コロンビア  (4) インデペンディエンテ・メデジン
デポルティーボ・カリ
アメリカ・デ・カリ
ジャグアーレス
ボリビア  (4) ブローミン
サン・ホセ・オルーロ
ナシオナル・ポトシ
グアビラー
チリ  (4) ウニオン・エスパニョーラ
エベルトン
アウダックス・イタリアーノ
デポルテス・テムーコ
エクアドル  (4) バルセロナSC
リーガ・デ・キト
デポルティーボ・クエンカ
エル・ナシオナル
パラグアイ  (4) ソル・デ・アメリカ
ヘネラル・ディアス
スポルティーボ・ルケーニョ
ナシオナル・アスンシオン
ペルー  (4) UTC
スポルティン・クリスタル
スポール・ウアンカージョ
スポール・ロサリオ
ウルグアイ  (4) ダヌービオ
セロ
ランプラ・ジュニオルス
ボストン・リーベル
ベネズエラ  (4) エストゥディアンテス・メリダ
サモーラFC
カラカスFC
ミネーロス・デ・グアジャーナ
歴代優勝クラブ    コパ・スダメリカーナ
開催年 優勝クラブ
2002 サン・ロレンソ アルゼンチン
2003 シエンシアーノ・デ・クスコ ペルー
2004 ボカ・ジュニオルス アルゼンチン
2005 ボカ・ジュニオルス アルゼンチン
2006 パチューカ メキシコ
2007 アルセナル アルゼンチン
2008 インテルナシオナウ ブラジル
2009 リーガ・デ・キト エクアドル
開催年 優勝クラブ
2010 インデペンディエンテ アルゼンチン
2011 ウニベルシダー・デ・チレ チリ
2012 サンパウロ ブラジル
2013 ラヌース アルゼンチン
2014 リーベル・プレート アルゼンチン
2015 インデペンディエンテ・サンタフェ コロンビア
2016 シャペコエンセ ブラジル
2017 インデペンディエンテ アルゼンチン
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。