Campeonato Paranaense パラナー州選手権

フルミネンセでは控え要員だったワウテル・エンリーキがアトレチコ・パラナエンセへ移籍

元U-20ブラジル代表FWワウテル・エンリーキが1年の期限付きでアトレチコ・パラナエンセへ加入
▲ フルミネンセからアトレチコ・パラナエンセへの移籍が決まった元U-20ブラジル代表FWワウテル・エンリーキ(写真はゴイアス時代のもの)
パラナー州クリチーバの名門アトレチコ・パラナエンセは9日、元U-20ブラジル代表FWワウテル・エンリーキを獲得したことを発表した。契約期間は1年。

1989年にブラジル北東部のヘシフィで生まれたワウテル・エンリーキは、2008年にインテルナシオナウでデビューすると、そこでの活躍が評価されて当時のU-20ブラジル代表に選出された。2010年には完全移籍でFCポルトに加入したが、2012年にレンタル移籍でブラジルに戻った。以降、クルゼイロ、ゴイアス、フルミネンセとすべてFCポルトからのレンタル移籍で、今回のアトレチコ・パラナエンセ加入も同様にレンタル移籍である。

2012年から約2年間在籍したゴイアスで45ゴールを叩き出し、その活躍が評価されてフルミネンセに活躍の場を移したワウテル・エンリーキ。だがフルミネンセではスタメンではなく元ブラジル代表FWフレッジの控え要因としてベンチを温める日が多く、本人は出場機会を求めて移籍を志願していた。

攻撃力の強化を狙うアトレチコ・パラナエンセは早くからワウテル・エンリーキの獲得を希望していたが、フルミネンセはカンピオナート・カリオカ(リオ・デ・ジャネイロ州選手権)のリーグ戦終了まで同選手の放出を渋っていたため、移籍の成立がこのタイミングとなった。

他にウディネーゼ(イタリア)からMFジャジソンなどを獲得しているアトレチコ・パラナエンセは、グレミオを退団したアルゼンチン人MFアラン・ルイスの獲得も検討しているとのこと。

ちなみにワウテル・エンリーキを放出したフルミネンセは、39歳の元ブラジル代表FWマグノ・アウベス(セアラー)獲得に向けて水面下で動き出したとの情報も出てきている。

2015.04.10

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。