FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会 南米予選

パラグアイにとっては痛い引き分け ブラジルが終了間際に追いつく

FIFAワールドカップ南米予選 第6節 パラグアイ 2-2 ブラジル
▲ ボールを巡って競るダニエウ・アウベス(15番)とミゲル・サムーディオ(6番)
2018年ロシア大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2016年3月29日に第6節が各地で行われた。パラグアイの首都アスンシオンで行われた「パラグアイ×ブラジル」は、敗れかけたブラジルが終了間際にかろうじて追いついた。

ブラジルは28分に右サイドを崩して最後はヒカルド・オリベイラが右足でシュートを放ったが、ボールはクロスバーに嫌われてゴールを奪えない。一方18分にセットプレイから相手ゴールを脅かしたパラグアイは、40分に先制。スルーパスで左サイドを上がったエドガル・ベニーテスがクロスを上げると、ダリオ・レスカーノ右足ボレーでゴールに沈めた。

エンドの替わった後半、パラグアイは49分に右サイドから中央に運んだボールを最後はエドガル・ベニーテスが左足のアウトサイドでゴールに流し込みリードを広げた。

2点を追いかけるブラジルは63分にコーナーキックからジウのヘディングシュートが決まったかに思われたが、主審はブラジル側にファウルがあったとしてゴールを取り消す。このジャッジにブラジルは抗議したが、判定は覆らなかった。それでもブラジルは79分にウッキのミドルシュートをキーパーがファンブルすると、こぼれ球をヒカルド・オリベイラが右足でゴールに流し込み1点を返した。

試合は後半アディショナルタイムに突入し、パラグアイの勝利が濃厚になった92分にダニエウ・アウベスがペナルティエリアで左足のシュートを決めて、ブラジルが引き分けに持ち込んだ。パラグアイにとっては負けに等しい引き分けとなった。

FIFAワールドカップ南米予選 第6節 (2016/03/29)
パラグアイ 2-2 ブラジル
フスト・ビジャル GK アリソン・ベッケル
パウロ・ダ・シルバ
パブロ・アギーラル
グスターボ・ゴメス
ミゲル・サムーディオ
DF ダニエウ・アウベス
ジウ
ミランダ
フィリッピ・ルイス
ネストル・オルティゴサ
リチャール・オルティス
(ジョナタン・サンターナ)
エドガル・ベニーテス
デルリス・ゴンサーレス
MF フェルナンジーニョ
(ウッキ)
ルイス・グスターボ
(ルーカス・リーマ)
ヘナット・アウグスト
ウィリアン
ドウグラス・コスタ
ホルヘ・ベニーテス
(ロケ・サンタクルス)
ダリオ・レスカーノ
(ファン・マヌエル・イトゥルベ)
FW ヒカルド・オリベイラ
(ジョナス)
ダリオ・レスカーノ 40
エドガル・ベニーテス 49
ゴール 79 ヒカルド・オリベイラ
92 ダニエウ・アウベス
グスターボ・ゴメス
ミゲル・サムーディオ
フスト・ビジャル
イエロー
カード
ミランダ
ラモン・ディアス 監督 ドゥンガ
主審: ウィルマール・ロルダン (コロンビア)
会場: エスタディオ・デフェンソーレス・デル・チャコ (アスンシオン)
2016.03.29

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。