ペルーやチリのリーグやリベルタドーレスにもベットできる日本人向けのブックメーカーが登場

日本人のサッカーファンが最も気軽に遊びやすいブックメーカーのご案内
▲ 日本人のブックメーカー利用者にとりわけオススメの英国最大のブックメーカー「William Hill (ウィリアムヒル)」。日本語にも対応していて、わかりやすい仕様になっている
南米サッカーの公式戦を対象にして誰もが簡単にベットできる(賭けられる)ブックメーカーをフルに活用して、今以上に南米の試合を楽しめる方法がある。欧米では誰もが手軽に興じているブックメーカーを使って、別の角度から南米サッカーを満喫するのはいかがだろうか。

世界中で人気を博しているブックメーカーの起源は、18世紀に英国で始まった競馬場での賭博行為。当初は競馬のレースへの賭博を批判する声が多く挙がっていたが、勝ち馬を予想して賭ける行為は日増しに高まっていった。これを受けて、当時の政府は競馬へのベット(賭け)を認める方向へと傾いていった。

英国では競馬に留まらず、国民的スポーツであるフットボール(サッカー)を初め、ラグビーやクリケットなど様々なスポーツがブックメーカーの対象となっていて、日本の公認ギャンブル(パチンコや競馬、競輪、競艇など)よりもずっとクリーンな形で国民に広く親しまれている。

ブックメーカーの対象は、FIFAワールドカップやオリンピック、NBA(米国のバスケットボール)など世界的な人気スポーツも含まれていて、ブックメーカーに興じる人たちの間では、いつも以上に盛り上がる。現在は、500以上のブックメーカーが存在していて、安心に使える健全な団体もあれば、賭け金の払い戻しの対応が遅れる怪しいサイトも少なからず存在している。それが、ブックメーカーになじみの薄い日本人にとっては、二の足を踏む状況を誘発しているとの見方もある。

ブックメーカーの利用をためらっている人に、是非使っていただきたいサイトが「bettingtop10」というサイトだ。日本人が安心して遊べるブックメーカーを日本語でわかりやすく紹介していて、同サイトが推奨するトップ10のブックメーカーをランキング形式で掲載しているため、どのサイトを利用すれば安全・安心かが一目でわかるようになっている。

ブックメーカーを選ぶ際のポイントとしては、オッズ、使い勝手、入出金方法、ボーナス、カスタマーサポート、そして賭ける対象や賭け方の豊富さなどに着目しよう。実際に賭けるからには儲けたいのが利用者の心理であることを考慮すると、オッズは重要な要素だ。同じ試合の結果でも配当が2倍と3倍とでは、誰もが後者のオッズを設定しているブックメーカーに賭けたいはず。配当妙味のあるブックメーカーを利用して、きっちり稼ぎたいところだ。

サイトの使い勝手や、入出金方法のわかりやすさも選択する上で重要なポイントであるが、日本人がブックメーカーを利用するにあたり、日本語でのサポートに対応しているかどうかも欠かせないところ。ブックメーカーの多くは英語を筆頭とする欧米言語には広く対応しているものの、日本人の利用客を想定したサポート体制をとっていない企業も少なからずある。その点で、日本語でのチャットにも対応したサポートがあれば、不安を抱かずにブックメーカーを楽しめることだろう。

そんな「bettingtop10」でランキングの1位にあるのが、「William Hill (ウィリアムヒル)」という英国最大のブックメーカー。ロンドン証券取引所にも上場している大企業で、プロスポーツ試合のベットだけでなく、スロットやカードゲーム、ルーレットなどのゲームもあり、遊び方のバリエーションが豊富だ。そして、お得なボーナスを得られるほか、スマートフォンやタブレットにも対応していて、テレビやパソコンで試合を見ながらの利用も可能。そしてメールやチャットならば日本語にも対応していて、総合評価では日本人の利用者にとって最も使いやすいブックメーカーであるといえるだろう。

サッカーの対象試合は、UEFAチャンピオンズリーグやリーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、ブンデスリーガ、セリエAと欧州の主要リーグを筆頭に、オーストリアやオランダ、セルビア、チェコ、ギリシャなども含まれる。さらには、日本のJ1とJ2もベッティングの対象だ。もちろん、2018年のFIFAワールドカップなどの国際大会も対象になっている。

加えて特筆したい魅力は、南米サッカーの試合もベット対象となっている点だ。
ペルーやチリのプリメーラ・ディビジョン(トップリーグ)を初め、コパ・ド・ブラジウ、カンピオナート・ペルナンブカーノなどブラジルの試合、さらに、南米の最強クラブチームを決める国際大会であるコパ・リベルタドーレスでも賭けを楽しめる。

対象外のリーグなども当然あるが、南米サッカーの試合結果を予想して賭ける楽しみ方にも、一考の余地はありそう。もし予想した通りの結果になれば、試合結果を知ると同時に賭けが的中すると報酬(配当金)を得られる仕組みだ。 この機会に南米サッカーの試合を賭けられる「William Hill (ウィリアムヒル)」を、お試し感覚で使ってみるのも“乙”である。



[CLICK] 日本人にオススメのブックメーカーがよくわかるサイト「 bettingtop10 」はこちら! [CLICK]
[CLICK] 日本人にとって最も使いやすいブックメーカー「 William Hill (ウィリアムヒル)」に、今すぐアクセス! [CLICK]



2016.03.08

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。