Campeonato Mineiro カンピオナート・ミネイロ

元仙台のチアゴ・ネービスが電光石火の先制点 アトレチコの開幕連勝記録は9でストップ

カンピオナート・ミネイロ 2017 第10節 クルゼイロ 2-1 アトレチコ・ミネイロ
▲ 2006年にベガルタ仙台で活躍した元ブラジル代表MFチアゴ・ネービス(中央)はこの試合で開始直後に先制ゴールを決めてチームメイトの祝福を受ける
4月1〜2日に行われたカンピオナート・ミネイロの第10節。州都ベロ・オリゾンチで行われたクラシコ「クルゼイロ×アトレチコ・ミネイロ」は、クルゼイロがリードを守りきってクラシコを制した。そしてアトレチコ・ミネイロは開幕からの連勝記録が9でストップした。

先制点を決めたのは、かつてベガルタ仙台で活躍した元Jリーガー。開始直後の1分、チアゴ・ネービスがペナルティアークで右足を振り抜くと、ボールはキーパーの右手を弾いてゴールに吸い込まれた。

アトレチコ・ミネイロには不運もあった。25分に訪れたチャンスでフリーキックに合わせようとしたフレッジが、マークを振り切ろうと左腕を上げてマノエウの顔面を殴りマノエウはその場にうずくまった。主審はためらいなくフレッジにレッドカードを突きつけ、アトレチコ・ミネイロは重要な得点源を失うことになってしまった。

▲ 58分にゴールを決めたウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータ(右)
数的有利になったクルゼイロは攻勢を強めると、37分にはコーナーキックから最後はアリエル・カブラルがヘディングでゴールネットを揺らしたが、その直前にハファエウ・ソービスが頭で流した瞬間カブラルがオフサイドポジションにいたため、このゴールは無効となった。

後半も主導権を握ったクルゼイロは、58分に追加点を奪取。右サイドに落ちたボールをチアゴ・ネービスが左足のアウトサイドキックで左に送ると、ウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータがペナルティエリアに入って右足を振り抜いた。ボールはキーパーの腰をかすめてゴールネットに突き刺さった。

2点を奪われたアトレチコ・ミネイロは終盤にようやく1点を返したが、開幕からの連勝を10に伸ばすことは叶わなかった。

カンピオナート・ミネイロ 2017 第10節 (2017/04/01)
クルゼイロ 2-1 アトレチコ・ミネイロ
ハファエウ GK ジオバンニ
エゼキエウ
マノエウ
レオ
ジオゴ・バルボーザ
(ファブリッシオ)
DF マルコス・ホッシャ
ガブリエウ
レオナルド・シウバ
ファービオ・サントス
ウジソン
アリエル・カブラル
(ルーカス・シウバ)
ハフィーニャ
(ラモン・アビラ)
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
チアゴ・ネービス
MF ハファエウ・カリオカ
エリーアス
ファン・カサーレス
(ルアン)
ロムロ・オテーロ
(マルローニ)
ハファエウ・ソービス FW ホビーニョ
(ハファエウ・モウラ)
フレッジ
チアゴ・ネービス 01
ジョルジアン・デ・アラスカエータ 58
ゴール 87 エリーアス
エゼキエウ
ジオゴ・バルボーザ
ハファエウ・ソービス
アリエル・カブラル
ハファエウ
イエロー
カード
マルコス・ホッシャ
ハファエウ・モウラ
レッド
カード
フレッジ
マノ・メネーゼス 監督 ホージェル・マシャード
主審: 
会場: エスタジオ・ド・ミネイロン (ベロ・オリゾンチ)
2017.04.01

★ミナス・ジェライス州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。