Campeonato Descentralizado ペルー1部リーグ

家族の事情によりベネズエラを離れることにしたマンコ 大洪水に見舞われた母国に帰る

元ペルー代表MFレイモン・マンコがペルーのウニオン・コメルシオへ移籍
▲ 家族の事情によりわずか3ヵ月でベネズエラを去ることになった元ペルー代表MFレイモン・マンコ
ベネズエラでの選手生活は3ヵ月で終了に至った。元ペルー代表MFレイモン・マンコはサモーラFCを退団して母国のクラブチームに移籍することを明かした。これを受けて移籍先のウニオン・コメルシオもマンコの加入を発表した。

昨年末にサモーラFCへの移籍が決定したマンコは、幼少期にベネズエラに住んでいたこともあったため、未開の地ではない国のリーグでの活躍が期待された。ベネズエラ1部リーグではPKを誘発するドリブルを仕掛けたり、アシストを決めるなどチームに順応したが、コパ・リベルタドーレスのグループリーグ第1節ではベンチ入りしただけ。3月下旬になると、マンコはベンチからも外れていた。

マンコについては、サモーラFCのフランシスコ・スティファーノ監督が「偉大なプロフェッショナル」と賞賛するなど、チームでの評価は決して低くなかった。それでもマンコが母国への復帰を決断した背景には、家族の事情が強くあった。マンコの妻は移住当初から政情不安なベネズエラでの生活に抵抗があり悩んでいたとのことで、一家の主でもあるマンコは家族を案じてベネズエラを離れることにしたという。

マンコは移籍の経緯について「ウニオン・コメルシオのフレディ・チャベス会長と直接話す機会をいただき、良い交渉ができた。彼は当方の事情にも理解を示してくれたし、迅速に判断してくれたことを感謝している。ヌエバ・カハマルカ(ウニオン・コメルシオの本拠地)での新生活も楽しみにしている」と地元メディアに説明した。マンコの契約期間はひとまず2017年末までとされたが、マンコ自身は契約期間の2年延長も希望しているという。

ウニオン・コメルシオはマンコの加入を喜んでいる。チームを指揮するミゲル・アウグスト・プリンセ監督は「マンコの能力が高いことは重々承知しているし、彼が実力を出せば結果はついてくるだろう。チームの戦力アップにもなるし、これから楽しみだ」と期待に胸を膨らませた。

3月下旬に首都リマ近郊で大規模な洪水が発生し、多数の死傷者を出したペルーでは一時的に公式戦の実施を中断していた。2月から開催中のトルネオ・デ・ベラーノ(夏季リーグ)でグループAの中位につけているウニオン・コメルシオは、マンコの加入を起爆剤にして上位への浮上を目論んでいる。

2017.04.03

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。