Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

サントスはPK戦の末に準々決勝で敗退 名門ポンチ・プレッタが準決勝進出

カンピオナート・パウリスタ 2017 準々決勝 2nd.Leg サントス 1-0 (PK:4-5) ポンチ・プレッタ
▲ PK戦を制してGKアラーニャ(左)に駆け寄って抱きつくポンチ・プレッタのイレブン
4月7〜10日に行われたカンピオナート・パウリスタの準々決勝 2nd.Leg 。州都サンパウロで行われた「サントス×ポンチ・プレッタ」は、1-0 でサントスが勝利。だが2試合合計 1-1 でPK戦にもつれた末に、準決勝進出を果たしたのはポンチ・プレッタだった。

ポンチ・プレッタは開始直後に右サイドをオーバーラップしたニノ・パライーバがペナルティエリアまで侵入してグラウンダーのクロスを上げ、いきなりチャンスメイク。対するサントスは、5分に元ブラジル代表FWヒカルド・オリベイラが縦パスで抜け出してポストをかすめるシュートを放ち応戦。7分にはルーカス・リーマが左足を振り抜くミドルシュートで相手ゴールを脅かした。

サントスが先制したのは15分。左サイドからのフリーキックをペナルティエリアでブルーノ・エンリーキ、ルーカス・ベリッシモとつないで、デイビッジ・ブラスが右足でジャンピングボレーシュートを決めた。

▲ 準決勝進出を果たせず肩を落とすドリーバウ・ジュニオール監督
追加点を奪って準決勝進出を決めたいサントスは、その後も引き続き攻め込む。後半になっても攻勢を緩めることはなく、54分にはゼッカがミドルシュートを放つと、62分にはショートコーナーからドリブルで中央に切れ込んだゼッカがゴールポストを叩くミドルシュートを放った。しかしいずれもゴールには至らず、逆にポンチ・プレッタはセットプレイからイアゴが右足でゴールネットを揺らしたが、こちらはオフサイドによって無効となった。

後半の終了が告げられ、試合は2試合合計 1-1 でPK戦に突入。5人全員が決めたポンチ・プレッタに対し、サントスは2人目のデイビッジ・ブラスがキーパーにコースを読みきられて、サントスの敗退が決まった。

この結果、準決勝の組み合わせは「ポンチ・プレッタ vs パウメイラス」、「サントス vs コリンチャンス」となった。

カンピオナート・パウリスタ 2017 準々決勝 2nd.Leg (2017/04/10)
サントス 1-0
PK
4-5
ポンチ・プレッタ
バンデルレイ GK アラーニャ
ビクトル・フェーハス
ルーカス・ベリッシモ
デイビッジ・ブラス
ゼッカ
DF ニノ・パライーバ
(ジェフェルソン)
マルロン
イアゴ
ヘイナウド
ヘナット
チアゴ・マイア
ルーカス・リーマ
MF ジャジソン
エウトン
ウェンデウ
(ナウド)
ビットル・ブエーノ
(ジェアン・モッタ)
ヒカルド・オリベイラ
(カイキ)
ブルーノ・エンリーキ
(ジョナタン・コペーテ)
FW ウィリアン・ポッチケル
ルッカ
(ハバネッリ)
クレイソン
デイビッジ・ブラス 15 ゴール
カイキ ○
デイビッジ・ブラス ×
ジェアン・モッタ ○
ジョナタン・コペーテ ○
ルーカス・リーマ ○
PK ○ ハバネッリ
○ イアゴ
○ クレイソン
○ ジャジソン
○ ウィリアン・ポッチケル
ビットル・ブエーノ
ビクトル・フェーハス
イエロー
カード
ヘイナウド
ウィリアン・ポッチケル
クレイソン
ドリーバウ・ジュニオール 監督 ジウソン・クレイナ
主審: ハファエウ・ゴメス・フェリックス・ダ・シウバ
会場: エスタジオ・ド・パカエンブー (サンパウロ)
2017.04.10

★サンパウロ州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。