Primera Division de Argentina アルゼンチン1部リーグ

左腕でゴール? ウラカンの主張は認められずサン・ロレンソがクラシコを制して暫定2位に浮上

アルゼンチン1部リーグ 2016-2017 第24節 ウラカン 0-1 サン・ロレンソ
▲ 59分にマルコス・アンジェレーリ(右)が先制のゴールを決めた直後のシーン。左腕で押し込んだようにも映ったが、ゴールが認められた
5月12〜15日に行われたアルゼンチン1部リーグの2016-2017 第24節。首都ブエノスアイレスで行われたクラシコ「ウラカン×サン・ロレンソ」は、サン・ロレンソが敵地で勝ち点3を獲得した。

試合前にはウラカンのサポーターによる大合唱がこだましたクラシコ。開始2分にアレハンドロ・ロメーロ・ガマーラのミドルシュートで最初の決定機を作ったウラカンは、15分にはダニエル・モンテネグロがペナルティエリアの手前から左足を振り抜いて相手ゴールを脅かした。

サン・ロレンソが前半に作った最大のチャンスは39分だったが、味方のパスでペナルティエリアに飛び込んだフェルナンド・ベルッチのシュートは、わずかに枠を逸れた。

後半、ウラカンは49分にノルベルト・ブリアコが右からのアーリークロスに頭で合わせたが、ボールはクロスバーに当たってピッチの外へ。さらにその2分後には左サイドからのクロスをきっかきに波状攻撃を仕掛けたが、ウラカンはゴールを奪えそうで奪えない時間が続いた。

サン・ロレンソが先制したのは、59分。右からのフリーキックがペナルティエリアでこぼれると、それをトラップしたエセキエル・セルッティがシュートを打たずにクロスを上げると、マルコス・アンジェレーリに当たってゴールネットを揺らした。このときアンジェレーリの頭でなく左腕に当たったとしてウラカンのイレブンはノーゴールを訴えたが、主審は判定を変えなかった。

宿敵相手にホームで負けられないウラカンは終盤にパワープレイを続けたが、最後までゴールを奪えなかった。

試合後、記者会見に臨んだサン・ロレンソのディエゴ・アギーレ監督は、「クラシコはどうしても感情的になりがち。スタンドからのプレッシャーも強いここで勝てたことの価値は決して小さくない」と振り返った。接戦を制したサン・ロレンソは、暫定ながら首位ボカとの勝ち点差を3に縮めて暫定2位に浮上している。

アルゼンチン1部リーグ 2016-2017 第24節 (2017/05/13)
ウラカン 0-1 サン・ロレンソ
マルコス・ディアス GK ニコラス・ナバーロ
ニコラス・ローマ
ウーゴ・ネルボ
マリオ・リッソ
(パトリシオ・トランソ)
ルーカス・ビジャルバ
DF パウロ・ディアス
マルコス・アンジェレーリ
マティアス・カルッソ
ガブリエル・ロハス
ルシオ・コンパニュッチ
(フリオ・アングーロ)
マティアス・フリスレル
アレハンドロ・ロメーロ・ガマーラ
ダニエル・モンテネグロ
(ディエゴ・メンドーサ)
マリアーノ・ゴンサーレス
MF ファン・メルシエル
フランコ・ムッシス
エセキエル・セルッティ
(ルイス・アビラ)
フェルナンド・ベルッチ
(ファブリシオ・コロッチーニ)
ルベン・ボッタ
(レアンドロ・ロマニョーリ)
ノルベルト・ブリアコ FW ニコラス・ブランディ
ゴール 59 マルコス・アンジェレーリ
マティアス・フリスレル
ルーカス・ビジャルバ
イエロー
カード
ファン・メルシエル
ニコラス・ナバーロ
フェルナンド・ベルッチ
パウロ・ディアス
マルコス・アンジェレーリ
ファン・マヌエル・アスコンサバル 監督 ディエゴ・アギーレ
主審: フェルナンド・ラパリーニ
会場: エスタディオ・トマス・アドルフォ・ドゥコー (ブエノスアイレス)
2017.05.13

★アルゼンチン1部リーグの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。