Primera Division de Argentina アルゼンチン1部リーグ

リーベルの指揮官は冷静 「この勝利が優勝につながるなどと安直には考えていない」

リーベル・プレートのマルセーロ・ガジャルド監督が述べたスーペルクラシコ試合後の談話
▲ 試合中ピッチに向けて指示を出すマルセーロ・ガジャルド監督
5月14日、リーベル・プレートはスーペルクラシコで宿敵ボカ・ジュニオルスを相手に敵地で勝利を収めた。ゴールが決まるたびにピッチサイドではしゃいでいたマルセーロ・ガジャルド監督は試合後、記者会見に臨み一戦を振り返った。

首位を走るボカとの直接対決を制したことで、リーベルはボカとの勝ち点差を4に縮めた。しかも消化試合数のひとつ少ないリーベルは、未消化の試合(アトレティコ・トゥクマン戦)で勝つと首位ボカとの勝ち点差は1に縮まる。リーベルにとっては逆転優勝の可能性も高まる大きな勝利となり、試合終了後はレオナルド・ポンシオら複数の選手と歓喜の抱擁を交わしたガジャルド監督は、会心の勝利となったスーペルクラシコについて振り返った。

「ラ・ボンボネーラで戦うクラシコは非常に難しいものだった。それだけに勝てたことは大きな喜びと自信をチームに与えてくれたが、これで我々がリーグ優勝に近づいたなどとは捉えていない。順位はボカがまだ上だから」

「早い時間帯に先制点を取れたのは大きかった。あれで主導権を握れた。ただ、後半はボカに主導権を奪われて危ない場面が何度もあった。3点目が入るまでは心身ともに消耗したし、改めてボカは強力なチームだと痛感した」

「決して浮かれてはいけないが、気分良く試合に臨めるかどうかはとても重要。あと7試合残っているし、我々は当初の目的であるリーグ優勝に向けて気持ちをひとつにして戦わなければならない。勝利を念頭に毎試合戦っていきたい」

2017.05.15

★アルゼンチン1部リーグの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。