Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

ボタフォゴは元Jリーガーの同点ゴールも実らず 敵地で勝ったパウメイラスが4位をキープ

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第18節 ボタフォゴ 1-2 パウメイラス
▲ 85分に決勝のゴールを決めて両手を天にかざすデイベルソン
8月2〜3日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2017 の第18節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「ボタフォゴ×パウメイラス」は、パウメイラスが競り勝った。

開始5分にデイベルソンのミドルシュートで攻撃の口火を切ったパウメイラスは、29分にはカウンターで左サイドを駆け上がったケーノがゴールエリアまで近づいて折り返したボールをデイベルソンが左足で合わせるも、二度放ったシュートはいずれも相手に跳ね返されてゴールには至らなかった。それでも攻め続けたパウメイラスは、前半の終了間際にセットプレイが相手のオウンゴールを誘って先制した。

ボタフォゴが追いついたのは後半。54分に途中出場のチリ代表MFレオナルド・バレンシアが左サイドから前線にパスを出すと、ホージェルが上げたクロスがキーパーの右手を弾いて最後はホドリーゴ・ピンポンがヘディングでゴールに押し込んだ。かつてセレッソ大阪や大宮アルディージャでも活躍した元Jリーガーのゴールによって、ボタフォゴはスコアをタイに戻した。

ホドリーゴ・ピンポンは59分にもヘディングでゴールを狙ったが、弧を描いたボールはクロスバーの近くでキーパーに弾き出された。

▲ 敵地で勝ち越し、チーム全体で喜ぶパウメイラスの選手たち
すると終盤にかけて再び攻勢を強めたパウメイラスは85分、左サイドでエジージオからボールを受けた元ブラジル代表MFゼ・ホベルトが低めのクロスを上げると、デイベルソンが左足を高く上げてゴールに押し込んだ。これが決勝点となって、パウメイラスが勝ち点3を得た。

試合後、同点ゴールを決めたホドリーゴ・ピンポンは「負けたのは残念だったが、切り替えて日曜日の試合のために準備していく」とコメント。一方、決勝点を決めたデイベルソンは「家族や友人に見守られてここまで来られた。今日はボタフォゴのような偉大なチームを相手に勝てたことを神に感謝している」と喜びを口にした。

パウメイラスは順位こそ変わっていないが、勝ち点を伸ばして4位をキープ。敗れたボタフォゴは暫定7位につけている。

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第18節 (2017/08/02)
ボタフォゴ 1-2 パウメイラス
ガティート・フェルナンデス GK ジャイウソン
ルイス・ヒカルド
ジョエウ・カルリ
イゴール・ハベーロ
ビクトル・ルイス
DF マイキ
ルアン
ジュニーニョ
エジージオ
ホドリーゴ・リンドーゾ
(レオナルド・バレンシア)
マテウス・フェルナンデス
(ギリェルミ)
ブルーノ・シウバ
ジョアン・パウロ
MF チアゴ・サントス
ブルーノ・エンリーキ
(ゼ・ホベルト)
ドゥドゥ
ホドリーゴ・ピンポン
ホージェル
(ブレーネル)
FW ホージェル・ゲージス
(ミゲル・アンヘル・ボルハ)
デイベルソン
ケーノ
(ハファエウ・ベイガ)
ホドリーゴ・ピンポン 54 ゴール 45 イゴール・ハベーロ (オウンゴール)
85 デイベルソン
ホドリーゴ・リンドーゾ
ジョアン・パウロ
ジョエウ・カルリ
レオナルド・バレンシア
イエロー
カード
エジージオ
ジャイウソン
ジャイル・ベントゥーラ 監督 クッカ
主審: ハファエウ・トラーシ
会場: エスタジオ・ド・エンジェニョン (リオ・デ・ジャネイロ)
2017.08.02

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。