Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

不遇の若手時代を経て絶対的な守護神へ成長 カッシオがコリンチャンスで300試合出場達成

コリンチャンスの守護神カッシオがチームでの300試合出場
▲ コリンチャンスでの300試合出場を祝福されて笑顔をみせるカッシオ
今年のブラジレイロンで首位独走の立役者の一人となっているコリンチャンスの守護神カッシオが2日、コリンチャンスでの300試合出場を達成してこのたびチームから祝福された。

カッシオは、1987年生まれの30歳。名門グレーミオの下部組織出身ながら、トップチームでは出場機会がなく、移籍したPSVアイントホーフェン(オランダ)でも出場機会には恵まれなかった。だが2012年に加入したコリンチャンスでは信頼を得てチームの絶対的な守護神へと成長。番号は1でなく12だが、コリンチャンスの正ゴールキーパーとして不動の地位を築いている。ちなみにブラジル代表への招集歴もあるが、公式戦でゴールを守った記録はない。

300試合出場の節目に、カッシオは「今日に至るまでのすべてに感謝している。ビッグクラブでこのような記録を残せたことも感慨深い。このまま400試合、500試合と記録を伸ばしていけたら最高だよ」と喜びを口にしている。

コリンチャンスにおける所属選手の出場試合数で、カッシオの300試合は次点。最多出場記録保持者は元鹿島アントラーズのダニーロで336試合だが、ダニーロは現在負傷療養中で久しく公式戦に出ていないため、カッシオが記録を抜くのは時間の問題ともみられている。

2017.08.02

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。