CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2017

元Jリーガーのホドリーゴ・ピンポンはやるき満々 今季の抱負を雄弁に語る

かつてセレッソとアルディージャにいたホドリーゴ・ピンポンが口にした今後の抱負
▲ 今季の残り試合に向けて意気込みを語ったホドリーゴ・ピンポン
母国に戻った元Jリーガーが、ひときわやる気をみなぎらせている。元セレッソならびに元アルディージャのホドリーゴ・ピンポンだ。

ホドリーゴ・ピンポンは、1987年生まれの29歳。地元のパラナーで2007年にデビューすると、2011年はセレッソ大阪、大宮アルディージャとJリーグでも活躍した。2012年に母国へ戻って以降は、主にブラジルで選手生活を送っている。

24歳の頃に日本を経験した元Jリーガーは今、ブラジルの名門ボタフォゴで活躍している。2015年にリオ・デ・ジャネイロの名門ボタフォゴで活躍すると、UAEへの移籍を経て戻った2016年以降もチームにフィットしている。毎試合出ているわけではないが、ピンポンの貢献度は決して小さくはない。

ボタフォゴは先のコパ・ド・ブラジウ準決勝でこそ宿敵フラメンゴに土をつけられたが、今年のリベルタドーレスではベスト8に名を連ねており、かつブラジレイロンでは7位と来年のリベルタドーレス出場権を得られる6位以内を狙える位置につけている。両方で結果を出す意気込みをみなぎらせているホドリーゴ・ピンポンは、今の思いを次のように語った。

「南米予選の影響で少しの間生まれたオフを、家族と過ごしたことでエネルギーを蓄えることができたのは良かった。もっとポジティブな結果を得るために、チームが抱える課題を修正しているところだよ」

「リベルタドーレスでは優勝を目指して戦っている。次の相手であるグレーミオは今ブラジル国内で最も美しいサッカーをするチームだから手強いけど、我々だって負けてはいないと思うし、素晴らしいチームを破ってベスト4に進みたいね」

ホドリーゴ・ピンポンは残り約3ヵ月となった今季の公式戦にやる気十分だが、現在のボタフォゴは負傷者が多いところが難点。DFジョエウ・カルリ、DFビクトル・ルイス、MFマルコス・ビニシウスと主力3人が相次いで負傷により戦線を離脱しているのだ。とりわけジョエウ・カルリは筋繊維を損傷しているため、回復に日数を要すると報じられている。ベストメンバーで戦えないが、ホドリーゴ・ピンポンの抱負は結実するのか否か。

2017.09.02

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。