Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

レビル・クウピ軍団の首位叩き サントスがクラシコを制して首位との勝ち点差を9に縮める

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第23節 サントス 2-0 コリンチャンス
▲ 57分に先制のゴールを決めてスタンドの歓声に応えるブラジル代表MFルーカス・リーマ
9月9〜11日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2017 の第23節。サンパウロ州のサントスで行われたクラシコ「サントス×コリンチャンス」は、サントスが勝利を収めた。

7分にロングシュートで攻撃の口火を切ったサントスに対し、コリンチャンスはその2分後にホドリギーニョがペナルティアークで左足を振り抜いて対抗。コリンチャンスは、元ブラジル代表MFジャジソンのフリーキックなどで積極的に決定機を演出した。サントスが前半に作った絶好のチャンスは、43分。ブルーノ・エンリーキのラストパスに対して元ブラジル代表FWヒカルド・オリベイラが右足で合わせたが、キーパーのファインセーブによってゴールを阻まれてしまった。

後半、コリンチャンスは56分にガブリエウがミドルシュートを放ったが、難しいバウンドもキーパーが俊敏に処理してチャンスをものにできない。するとピンチを脱したサントスはその1分後に先制した。57分、左からのクロスはヒカルド・オリベイラの足元に合わなかったが、セカンドボールをブラジル代表MFルーカス・リーマが左足でゴールネットに突き刺した。

▲ クラシコで相手に2ゴールを許して表情をゆがめるコリンチャンスの守護神カッシオ
サントスは60分にヒカルド・オリベイラが最終ラインの裏へ抜け出してゴールに流し込んだが、オフサイドの判定によりノーゴールとなる。その後は両軍ともにチャンスをものにできなかったが、サントスの1点リードで迎えた後半のアディショナルタイムにサントスが追加点を奪取。92分、カウンターを仕掛けてルーカス・リーマのスルーパスで前線を上がったブルーノ・エンリーキがキーパーを引きつけて右のスペースにボールを送ると、ヒカルド・オリベイラが滑り込みながら無人のゴールに流し込んで勝利を決定づけた。

勝ったサントスは順位こそ3位のままだが、上位との勝ち点差を縮めた。一方、首位のコリンチャンスは開幕から長らく好調だったが、ここ4試合で1勝3敗と足踏み状態となっている。

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第23節 (2017/09/10)
サントス 2-0 コリンチャンス
バンデルレイ GK カッシオ
ビクトル・フェーハス
ルーカス・ベリッシモ
グスターボ・エンリーキ
(ルイス・フェリッピ)
ゼッカ
DF ファギネル
ファビアン・バルブエーナ
パブロ
マルシエウ
(ジオバンニ・アウグスト)
ヘナット
アリソン
(レアンドロ・ドニゼッチ)
ルーカス・リーマ
MF ガブリエウ
(カマーショ)
マイコン
ホドリギーニョ
ジャジソン
アンヘル・ロメーロ
(クレイソン)
ジョナタン・コペーテ
(チアゴ・ヒベイロ)
ヒカルド・オリベイラ
ブルーノ・エンリーキ
FW ジョ
ルーカス・リーマ 57
ヒカルド・オリベイラ 92
ゴール
ルーカス・リーマ
ビクトル・フェーハス
ルーカス・ベリッシモ
イエロー
カード
マルシエウ
アンヘル・ロメーロ
ファギネル
ガブリエウ
クレイソン
レビル・クウピ 監督 ファービオ・カリーリ
主審: ハファエウ・クラウス
会場: エスタジオ・ビラ・ベウミーロ (サントス)
2017.09.10

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。