Copa Argentina 2016-2017 コパ・アルヘンティーナ 2016-2017

パオロ・モンテーロの執念実る ボカは昨年に続いて今年もロサリオ・セントラル戦で敗退

コパ・アルヘンティーナ 2016-2017 ラウンド16 ロサリオ・セントラル 1-0 ボカ・ジュニオルス
▲ 26分にジャンピングボレーシュートを決めて駆け出すマウリシオ・マルティネス
9月27日に行われたコパ・アルヘンティーナの 2016-2017 ラウンド16。メンドーサで行われた「ロサリオ・セントラル×ボカ・ジュニオルス」は、ロサリオ・セントラルが接戦を制した。

5分にクリスティアン・パボンのシュートで攻撃の口火を切ったボカは、10分にはダリオ・ベネデットがペナルティエリアの手前からミドルシュートを放ったが、枠には飛ばなかった。対するロサリオ・セントラルは17分にペナルティアークから放ったグスターボ・コルマンのシュートがパブロ・ペレスのハンドを誘ったが、主審がスルーしたことによりロサリオ・セントラルのイレブンが取り囲んで抗議する一幕もあった。

ロサリオ・セントラルの先制点は26分。左サイドからのフリーキックに合わせたマウリシオ・マルティネスがファーサイドから飛び込み、ジャンピングボレーシュートをゴールネットに突き刺した。

ボカは35分にパブロ・ペレスのヘディングシュートでゴールを狙うと、その後も攻撃を続けたが無得点で前半を終えた。

▲ 昨年に続き今年もロサリオ・セントラルに競り負けて敗退となったボカ・ジュニオルス
後半も攻撃の頻度はボカのほうが高かったが、何度もフィニッシュに持ち込みながらもゴールを奪えない。69分には途中出場のウルグアイ代表MFナイタン・ナンデスがフェルナンド・トビオから乱暴なチャージを受けて熱くなる場面もあった。

ボカは89分にロングフィードでワルテル・ボウがキーパーと1対1になったが、キーパーが身を挺してボールをキャッチ。ロサリオ・セントラルは最後までボカの猛攻をしのぎきって、ジャイアントキリングを達成した。

試合後、ロサリオ・セントラルのパオロ・モンテーロ監督は「バンフィエール戦での大敗があったから誰も期待してなかったと思うが、この2日間で選手たちと密に話をしたことでチームの修繕を図った。強いボカを相手に結果を出せて何よりだ」と述べた。

ボカは昨年に続き、またしてもロサリオ・セントラル戦で敗退することとなった。勝ち上がったロサリオ・セントラルは、準々決勝でゴドイ・クルスと対戦する。

コパ・アルヘンティーナ 2016-2017 ラウンド16 (2017/09/27)
ロサリオ・セントラル 1-0 ボカ・ジュニオルス
ディエゴ・ロドリゲス GK ギジェルモ・サラ
パウロ・フェラーリ
ホセ・レギサモン
フェルナンド・トビオ
アルフォンソ・パロ
DF レオナルド・ハラ
パオロ・ゴルツ
リサンドロ・マガラン
フランク・ファブラ
レオナルド・ヒル
マウリシオ・マルティネス
サンティアゴ・ロメーロ
(マキシミリアーノ・ゴンサーレス)
グスターボ・コルマン
(エリーアス・ゴメス)
MF ウィルマール・バリオス
パブロ・ペレス
(ナイタン・ナンデス)
レオナルド・ハラ
(アグスティン・ボウサ)
マルコ・ルーベン
(フェルナンド・サンペドリ)
ヘルマン・エレーラ
FW クリスティアン・パボン
ダリオ・ベネデット
(ワルテル・ボウ)
エドウィン・カルドーナ
マウリシオ・マルティネス 26 ゴール
ホセ・レギサモン
マルコ・ルーベン
サンティアゴ・ロメーロ
マウリシオ・マルティネス
レオナルド・ヒル
イエロー
カード
リサンドロ・マガラン
ウィルマール・バリオス
レオナルド・ヒル レッド
カード
パオロ・モンテーロ 監督 ギジェルモ・バロシュケロット
主審: フェルナンド・ラパリーニ
会場: エスタディオ・マルビナス・アルヘンティナス (メンドーサ)
2017.09.27

★アルゼンチン1部リーグの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。