FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会 南米予選

コロンビアは引き分けで予選突破 ペルーはプレイオフ進出で36年ぶりの出場へ望みをつなぐ

FIFAワールドカップ南米予選 第18節 ペルー 1-1 コロンビア
▲ 55分に先制のゴールを決めて駆け出すハメス・ロドリゲス
2018年ロシア大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2017年10月10日に第18節が各地で行われた。ペルーの首都リマで行われた「ペルー×コロンビア」は、引き分けで終了。同時刻に行われた他会場でチリとパラグアイが敗れた結果、コロンビアはロシア行きの切符を獲得し、ペルーは5位で大陸間プレイオフに挑むこととなった。

どちらにとっても勝てば予選突破となる試合は、ペルーのほうが決定機を多く演出。39分には右からのクロスにパオロ・ゲレーロが頭で合わせたものの、ボールはジャストミートせずファーサイドへ流れた。ヘディングの直前に相手から引っ張られているようにも見えたが、ゲレーロはそれよりもシュートを外したことへの悔しさでピッチを叩いて悔しがった。

0-0 で迎えた後半、55分にコロンビアが先制する。自陣からのロングフィードをドゥバン・サパータが頭で流してペナルティエリアに落とすと、相手がトラップしきれずマイボールにしたファルカオが粘って、最後はハメス・ロドリゲスが右足でゴール左隅に流し込んだ。

▲ 75分に貴重な同点ゴールを決めたパオロ・ゲレーロ(左)を称えるエディソン・フローレス
最後に負けてワールドカップ出場を逸するわけにいかないペルーは、相手の堅実な守備に手こずった。しかし75分、パオロ・ゲレーロが得意の右足で放った直接フリーキックが、キーパーの左手を弾いてゴール左隅に突き刺さった。ファン・ギジェルモ・クアドラードは主審に詰め寄って間接フリーキックをゲレーロが直接ゴールに蹴り込んだことに抗議していたが、ゴールに至る前にキーパーが触れていたことから、ペルーの同点が取り消されることはなかった。

1-1 のままでタイムアップを迎える頃と、他会場の結果を確認した上でコロンビアの4位通過が決定。そしてチリとパラグアイが敗れたことによって、ペルーは5位でフィニッシュとなりプレイオフへの出場権を獲得した。それが判明すると、ペルーのサポーターはさも予選突破が決まったかのように喜んでいた。

大陸間プレイオフは「ニュージーランド vs ペルー」に決定。ペルーの命運は、11月に決着することとなる。

FIFAワールドカップ南米予選 第18節 (2017/10/10)
ペルー 1-1 コロンビア
ペドロ・ガレーセ GK ダビ・オスピーナ
アルド・コルソ
クリスティアン・ラモス
アルベルト・ロドリゲス
(ミゲル・アラウーホ)
ミゲル・トラウコ
DF サンティアゴ・アリアス
クリスティアン・サパータ
ダビンソン・サンチェス
フランク・ファブラ
レナート・タピア
ビクトル・ジョトゥン
(ラウール・ルイディアス)
アンドレ・カリージョ
(ホセ・レイナ)
クリスティアン・クエバ
エディンソン・フローレス
MF カルロス・サンチェス
アベル・アギーラル
(ウィルマール・バリオス)
ファン・ギジェルモ・クアドラード
ハメス・ロドリゲス
(ジミ・チャラー)
パオロ・ゲレーロ FW ラダメル・ファルカオ・ガルシア
(ジオバンニ・モレーノ)
ドゥバン・サパータ
(ウィルマール・バリオス)
パオロ・ゲレーロ 75 ゴール 55 ハメス・ロドリゲス
アンドレ・カリージョ イエロー
カード
リカルド・ガレカ 監督 ホセ・ペケルマン
主審: サンドロ・メイラ・ヒッチ (ブラジル)
会場: エスタディオ・ナシオナル (リマ)
2017.10.10

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。