Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

サンパウロ戦での敗北が決定打 レビル・クウピ氏がサントスを去る 後任はエラーノ氏

ペレ、カズ、ネイマールらの古巣でもある名門サントスが元セレッソ大阪のレビル・クウピ監督を解任
▲ 早い時間帯の失点に渋い表情を浮かべるレビル・クウピ監督。この試合後にサントスを追われることになった
サンパウロ州の名門サントスは28日、レビル・クウピ監督の解任を発表した。

現在64歳のレビル・クウピ氏は、1986年から始めた監督業ではほぼブラジル国内のクラブチームで指揮を執っているが、唯一指揮した国外のチームが日本のセレッソ大阪であることから、日本のとりわけセレッソ大阪のサポーターからの人気が高い人物。今季は6月からサントスの監督に就任して、10月28日までに残した成績は14勝12分5敗と上々。ブラジレイロンで一時は2位に押し上げるなど、その手腕を発揮していた。

レビル・クウピ監督が辞任に至る決定打となったのは、28日にパカエンブーで行われたサンパウロとのクラシコ。逆転優勝のために負けられない一戦を 1-2 で落としたため、解任されることとなった。週明けにはいつも通りトレーニングに臨むつもりでいた同監督は、突然の解任に驚いたという。

サントスは今季の残り試合を、元ブラジル代表MFでコーチのエラーノ氏に代行してもらうとのこと。

2017.10.28

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。