Mundial FIFA Sub-17 FIFA U-17ワールドカップ

快進撃を続けてきたマリが守護神の後逸で失点… 17歳以下のセレソンが3位決定戦を制す

FIFA U-17ワールドカップ 2017 3位決定戦 ブラジル 2-0 マリ
▲ 55分に先制ゴールを決めたアランジーニョ(左から2番目)を祝福するU-17ブラジル代表のイレブン
インドで開催されている2017年のU-17ワールドカップは、10月28日に3位決定戦と決勝がそれぞれ行われた。コルカタで行われた3位決定戦「ブラジル×マリ」は、。

序盤はブラジルよりマリのほうが決定的な場面を多く作っていて、ミドルシュートも効果的に相手ゴールを脅かした。対するブラジルの前半は、フィニッシュの精度において相手より見劣りしていて、0-0 のままハーフタイムを迎えた。

後半、先に動いたブラジルは51分にボランチに代えてセンターバックを投入。守備的な布陣にシフトさせたが、ブラジルはその4分後に先制した。55分、相手陣内で最終ラインからボールを奪い取ったアランジーニョがドリブルで前進すると、ペナルティアークの手前でシュートを打った。すると、キーパーの正面に転がったボールをなんとキーパーがキャッチできず、左手をすり抜けたボールは無人のゴールへと転がっていった。公式記録はアランジーニョのゴールとなったが、マリの守護神が犯したミスによるものだった。

下馬評を覆す快進撃を続けて準決勝まで勝ち上がったアフリカの新興勢力マリは、3位を目指して積極的に攻め込んだ。しかし無失点で切り抜けたブラジルは、87分に前線の右側でフリーになったブレーネルがスルーパスをダイレクトで中央に折り返し、ユリ・アウベルトが右足でゴールに蹴り込んで大会の3位を決定づけた。

なお、同日に行われた決勝では 5-2 で快勝したイングランドが優勝。敗れたスペインが準優勝となった。

今大会、南米大陸からはブラジル、チリ、コロンビア、パラグアイの4ヵ国が出場。パラグアイとコロンビアは決勝トーナメント1回戦で敗退し、チリはグループリーグで敗退した。ちなみに日本は決勝トーナメント1回戦で、PK戦の末にイングランドに惜敗した。

FIFA U-17ワールドカップ 2017 3位決定戦 (2017/10/28)
ブラジル 2-0 マリ
ガブリエウ・ブラゾン GK ユースフ・コイタ
ウェズレイ
ビタン
ルーカス・アウテル
ウェベルトン
DF フォデ・コナテ
ママディ・フォファナ
ボバカル・アイダラ
イブライム・カネ
ビクトル・ボビジン
(ホドリーゴ・グチ)
マルコス・アントニオ
アランジーニョ
(ホドリーゴ・ネストル)
MF ママドゥ・サマケ
(シェイク・オマール・ドゥクール)
デムッサ・トラオーレ
サラム・ジッドゥ
(セム・カマラ)
モアメ・カマラ
パウリーニョ
ブレーネル
リンコーン
(ユリ・アウベルト)
FW アディ・ドラメ
(マアマヌ・トゥーレ)
ラッサナ・ヌディアイエ
アランジーニョ 55
ユリ・アウベルト 87
ゴール
ホドリーゴ・ネストル イエロー
カード
ママディ・フォファナ
カルロス・アマデウ 監督 ヨナス・コムラ
主審: リカルド・モンテーロ・アジャラ (コスタリカ)
会場: ソルトレイク・スタジアム (コルカタ)
2017.10.28

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。