FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会 南米予選

36年ぶりの悲願成就 ワールドカップ出場を決めたペルーでは労働省が翌日を祝日に指定

FIFAワールドカップ予選 大陸間プレイオフ 2nd.Leg ペルー 2-0 ニュージーランド
▲ 27分に先制のゴールを決めたジェフェルソン・ファルファン
11月15日に行われたオセアニア予選1位との大陸間プレイオフ 2nd.Leg 。ペルーの首都リマで行われた「ペルー×ニュージーランド」は、ペルーが勝利。この結果、2試合合計スコア 2-0 でペルーが1982年以来となる36年ぶりのワールドカップ出場を決めた。

ペルーは 1st.Leg でジェフェルソン・ファルファンの1トップが機能しなかったため、ラウール・ルイディアスの1トップに変更して試合に臨んだ。すると、ペルーの全国民が見守る中で27分にペルーが先制。前線の左に開いたクリスティアン・クエバが溜めを作って中央に折り返すと、中盤から押し上げたジェフェルソン・ファルファンが右足でゴールネットに突き刺した。ゴールを決めたファルファンは、ピッチに顔をうずめて歓喜の涙をこぼした。

ニュージーランドは早めの選手交代に打って出たが、次のゴールを奪ったのもペルー。64分、クリスティアン・クエバのコーナーキックをクリスティアン・ラモスが左足でゴールに蹴り込んだ。

試合はそのまま終了し、無失点で切り抜けたペルーが2点差を守りきって勝利。タイムアップの笛が鳴る直前には、ベンチに下がったクエバが感極まって涙を流す場面もテレビ画面に映し出されていた。

薬物使用疑惑でパオロ・ゲレーロを欠いた中で大陸間プレイオフを制したペルーは、1982年スペイン大会以来となる36年ぶりのワールドカップ出場を決定。これを受けてペルー国内では11月16日が祝日となり、国全体でワールドカップ出場を祝う一日となった。

FIFAワールドカップ予選 大陸間プレイオフ 2nd.Leg (2017/11/15)
ペルー
(南米予選5位)
2-0 ニュージーランド
(オセアニア予選1位)
ペドロ・ガレーセ GK ステファン・マリノビッチ
ルイス・アドビンクラ
クリスティアン・ラモス
アルベルト・ロドリゲス
ミゲル・トラウコ
DF キップ・コルヴェイ
マイケル・ボクソール
ウィンストン・リード
アンドリュー・ドゥラント
(ジェレミー・ブロッキー)
デクラン・ウィン
レナート・タピア
アンディ・ポロ
(ビクトル・カリージョ)
(クリストファー・ウルタード)
クリスティアン・クエバ
(アドリアン・セラ)
エディソン・フローレス
ジェフェルソン・ファルファン
MF クレイトン・ルイス
(マルコ・ロハス)
マイケル・マッグリンチェイ
ビル・トゥイローマ
(クリス・ウッド)
ラウール・ルイディアス
(ビクトル・ジョトゥン)
FW コスタ・バーバローゼス
ライアン・トーマス
ジェフェルソン・ファルファン 27
クリスティアン・ラモス 64
ゴール
エディソン・フローレス
クリスティアン・ラモス
ペドロ・ガレーセ
イエロー
カード
ライアン・トーマス
リカルド・ガレカ 監督 アンソニー・ハドソン
主審: クレメン・トゥルパン (フランス)
会場: エスタディオ・ナシオナル (リマ)
2017.11.15

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。