Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

後半はゴールラッシュ 大勝したパウメイラスは来年のリベルタドーレス出場権を獲得

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第35節 パウメイラス 5-1 スポルチ
▲ この試合で2ゴールを挙げたデイベルソン(右)を祝福するモイゼス(左)
11月15〜16日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2017 の第35節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「パウメイラス×スポルチ」は、3トップそろい踏みのゴールなどでパウメイラスが大勝した。

序盤は残留を目指して戦っているスポルチに多くのチャンスがあり、10分にはハウー・プラータのクロスが相手に当たってゴールポストを直撃すると、18分にはブラジル代表FWジエゴ・ソウザが直接フリーキックで積極的にゴールを狙った。19分にはペナルティエリアで元ブラジル代表MFフェリッピ・メロがハンドを犯したが、その前にオフサイドがあったため、スポルチにPKは与えられなかった。

前半はスポルチの猛攻と、GKフェルナンド・プラスのファインセーブが目立った45分間だったが、ゴールネットが揺れることなくハーフタイムを迎えた。

後半はゴールラッシュになった。まずは56分、ドゥドゥが右サイドから上げた低めのクロスを、デイベルソンが左足で合わせてパウメイラスが先制すると、63分にはルアンがコーナーキックに頭で合わせて2点目。さらに78分には、ケーノのクロスが相手に当たったところにデイベルソンが詰めて、パウメイラスが 3-0 とした。

スポルチは、82分になってジエゴ・ソウザのヘディングシュートが決まってようやく1点を返した。しかし攻撃の手を緩めないパウメイラスは、89分にカウンターを仕掛けて相手に奪われそうになったボールを取り返したドゥドゥが、ペナルティアークから右足でゴールに沈めて 4-1 。さらに後半のアディショナルタイムには再びカウンターを仕掛けて、スルーパスに反応して左サイドを駆け上がったケーノがペナルティエリアでボールに追いつくと、飛び出したキーパーの脇をすり抜けるシュートを右足で決めて、ゴールショーを締めくくった。

大勝したパウメイラスは、来年のリベルタドーレスにグループリーグから出場できる権利を獲得。一方、3連敗のスポルチはセリエB降格の可能性がより高まっている。

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第35節 (2017/11/16)
パウメイラス 5-1 スポルチ
フェルナンド・プラス GK マグロン
ジェアン
ルアン
エドゥ・ドラセーナ
(アントニオ・カルロス)
ミシェウ・バストス
DF ハウー・プラータ
オスワルド・エンリケス
ドゥルバウ
サンデール
フェリッピ・メロ
(チアゴ・サントス)
チェ・チェ
モイゼス
(ウィリアン)
MF アンセウモ
パトリッキ
マルキーニョス
(ホジェーリオ)
ジエゴ・ソウザ
エウヘニオ・メーナ
(インジオ)
ケーノ
デイベルソン
ドゥドゥ
FW アンドレ
デイベルソン 56
ルアン 63
デイベルソン 78
ドゥドゥ 89
ケーノ 90+1
ゴール 82 ジエゴ・ソウザ
イエロー
カード
アンセウモ
ジエゴ・ソウザ
アウベルト・バレンチン 監督 ダニエウ・パウリスタ
主審: ハファエウ・トラーシ
会場: アレーナ・パウメイラス (サンパウロ)
2017.11.16

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。