CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2017

終盤に決まったシッセロのハーフボレーシュート 大一番の初戦はグレーミオが僅差で先勝

コンメボル・リベルタドーレス 2017 決勝 1st.Leg グレーミオ 1-0 ラヌース
▲ 発煙筒を炊いてチームを鼓舞するグレミスタ(グレーミオのサポーター)
11月22日に行われたコンメボル・リベルタドーレスの決勝 1st.Leg。ブラジルのポルト・アレグレで行われた「グレーミオ×ラヌース」は、元ブラジル代表MFシッセロのゴールでグレーミオが先勝した。

スタンドを埋めた観客数は51,256人に達し、試合前には華やかなセレモニーも行われた大一番の初戦。スタンドで炊かれた発煙筒の煙が消えきらない中で始まった試合は、立ち上がりから一進一退の攻防が繰り広げられたものの双方とも堅い守備でフィニッシュに持ち込まない場面が続いた。グレーミオは21分にコーナーキックのこぼれ球をハミーロが右足で捕らえたが、相手の頭に当たったボールは枠の外へ。対するラヌースは34分にロマン・マルティネスが低く抑えたシュートでキーパーのファインセーブを誘い、すたんどのどよめきを誘った。

ラヌースは40分にコーナーキックから決定的なシーンを生み出したが、クロスに合わせたディエゴ・ブラギエーリのヘディングシュートはキーパーが左手でゴールを死守。さらに43分にはラウターロ・アコスタが左サイドを一人で崩した末にペナルティエリアで倒されたが、主審はファウルを取らなかった。

▲ ゴールを決めたシッセロを抱きかかえて喜ぶジャエウ(9番)
0-0 で折り返した後半、グレーミオは50分にエジウソンが直接フリーキックを放つと、56分にはブルーノ・コルテスが左足で放ったミドルシュートがクロスバーをかすめる一幕も。グレーミオはその後も勝利にこだわり、交代枠も3人使いきって攻勢を強めていった。

チームとサポーターの想いが結実したのは、82分のことだった。エジウソンのロングフィードをジャエウがヘディングで落とすと、途中出場のシッセロが左足のハーフボレーで合わせた。ボールはピッチを叩きつけて、キーパーの右腕に当たってゴールへと転がっていった。ゴールが決まると、スタンドからは割れんばかりの大歓声が轟いた。

敗れたラヌースは、ホームで巻き返すか。頂点を決める運命の 2nd.Leg は11月29日(日本時間では30日の午前中)、アルゼンチンのラヌースで行われる。

コンメボル・リベルタドーレス 2017 決勝 1st.Leg (2017/11/22)
グレーミオ
(ブラジル)
1-0 ラヌース
(アルゼンチン)
マルセーロ・グローイ GK エステバン・アンドラーダ
エジウソン
ペドロ・ジェロメウ
ワルテル・カンネマン
ブルーノ・コルテス
DF ホセ・ゴメス
ローランド・ガルシア
ディエゴ・ブラギエーリ
マキシミリアーノ・ベラスケス
(ニコラス・アギーレ)
ジャイウソン
(シッセロ)
アルトゥール
ハミーロ
ルアン
フェルナンジーニョ
(エベルトン)
MF イバン・マルコーネ
ロマン・マルティネス
ニコラス・パスキーニ
ルーカス・バリオス
(ジャエウ)
FW アレハンドロ・シルバ
ホセ・サン
ラウターロ・アコスタ
シッセロ 82 ゴール
ワルテル・カンネマン
ジャイウソン
シッセロ
イエロー
カード
ラウターロ・アコスタ
ローランド・ガルシア
マキシミリアーノ・ベラスケス
ディエゴ・ブラギエーリ
ヘナット・ガウーショ 監督 ホルヘ・アルミロン
主審: フリオ・バスクニャン (チリ)
会場: アレーナ・ド・グレーミオ (ポルト・アレグレ)
2017.11.22

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。