CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2017

主審への怒りを隠せないグレミオの首脳陣 副会長「馬鹿げている」 会長「無能なのか」

リベルタドーレス決勝 1st.Leg での主審のジャッジに憤りをあらわにしたグレミオの会長と副会長
▲ 決勝 1st.Leg での仕事で激しい批判を受けている主審のフリオ・バスクニャン氏
リベルタドーレスの決勝 1st.Leg を終えて、グレミオの選手は怒っていた。だが選手だけではなく、首脳陣も主審への憤りをあらわにした。

15分にルアンが、前半のアディショナルタイムにハミーロが、そして後半のアディショナルタイムにはジャエウがそれぞれペナルティエリアで倒されたが、PKとジャッジされてもおかしくない3つの場面で、主審はことごとくファウルをとらずにスルーした。グレミオは僅差で勝ったものの、「ジャッジが正確であれば、あと2、3点は取れていた」とグレミオ陣営は一様に思っているのだろう。

普段メディアのインタビューに応じないオドリーコ・ロマン副会長は、顔を赤らめてマイクを持つインタビュアーに自ら近づいて主審のフリオ・バスクニャン氏の仕事を罵倒した。
「VAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)は誰のためにあるんだ? あの主審は最悪だった。偏ったジャッジをするためにここに来て、カンネマンを2nd.Legで出場停止にして、さも我々にゴールを与えないように仕向けているようだった。終了直前にジャエウがファウルを受けてもPKを与えなかったし、あいつは馬鹿げている。リベルタドーレスの決勝を裁くのに、ふさわしくない」

怒り新党のロマン副会長は、自身の twitter を使ってCONMEBOL(南米サッカー連盟)のアレハンドロ・ドミンゲス会長のアカウントにダイレクトメッセージを送ったことも公言。その内容はバスクニャン氏に関するものと思われる。

▲ 主審について CONMEBOL への報告を決めたというグレミオのホミウド・ボウザン・ジュニオール会長
さらに、グレミオのホミウド・ボウザン・ジュニオール会長も主審のジャッジについて、怒り心頭のご様子だ。

「我々は主審に試合を盗まれたという印象だ。今日の試合で起こったことは、主審が画策したものだろう」

「完全に無能で基準がないジャッジだった。我々は行動を起こす。弁護士に電話する。選手たちは起こっていたし、いくら勝てたとは言っても不正があったのは明白。これが我々の気持ちだ」

怒りの収まらない同会長は、代理人を CONMEBOL へ向かわせることも口にした。
「不公平なジャッジが是正されないようなことがあってはならないし、真相究明のためにもここで綺麗にしよう。私は代理人を CONMEBOL へ行かせるつもりだ。試合はレフェリーによって奪われたり、犯されるべきではない。きっとあの主審は無能なのか、もしくは曲がった信念を持っているのではないか」

CONMEBOL への“ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)”を行うまでに至っている会長と副会長。リベルタドーレスのトロフィーを手中にできれば、彼らの溜飲は下がるのだろうか。

2017.11.22

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。