FIFA Club World Cup 2017 FIFAクラブワールドカップ 2017

南米王者を去るルーカス・バリオス 2ヵ月前には翌年の構想外である旨を聞かされていた

クラブワールドカップの終了と同時にグレミオを退団したパラグアイ代表FWルーカス・バリオスの胸中
▲ 33歳になっても現役続行を表明して移籍先を探すことにしたパラグアイ代表FWルーカス・バリオス
UAEで行われたFIFAクラブワールドカップが終わり、準優勝となったグレミオに所属しているパラグアイ代表FWルーカス・バリオスが今季限りで退団することになった。実は同選手の退団は2ヵ月前に決まっていたという。

クラブワールドカップがグレミオでの最後のプレイになることを承知済みのバリオスは、決勝でレアル・マドリーに敗れた直後に胸の内を明かしている。

「私にとっては悲しい日になった。さよならは言いたくない。他のクラブチームと自由に交渉していいと言われたけれど、ポルト・アレグレで選手生活を送れたことはとても嬉しかったからね」

2015年に欧州からブラジルに活躍の舞台を移したバリオスは今季、グレミオで43試合に出場して18ゴールをマーク。2年半在籍して44試合13ゴールだったパウメイラス時代よりも、はるかに優れた成績を残している。それでも、チームは10月上旬の時点で来年の構想にないことをバリオス本人に伝達していた。

グレミスタ(グレミオのサポーター)から厳しい批判にさらされることも少なくなかったバリオスだが、それでも同選手はブラジル屈指の名門で選手生活を送れたことについて感謝の言葉を並べた。
「ここ数ヶ月は怪我の影響もあって100%の状態で試合に臨めず、悔しい日々だった。自分が批判にさらされることもわかっていたが、むしろ私が批判されるくらいのほうが、チームは好調と捉えることもできる。今年はチームのエースであるルアンと同じ18ゴールを決めて、チームの得点王になれたことが嬉しい。チームへの文句は一切ないし、リベルタドーレスを優勝できたことも誇らしい思い出だ。人生は山あり谷あり。所属チームが替わっても、これまで通りチームに貢献できる働きをしたいと思っているよ」

33歳になっても現役続行を希望しているバリオスは、来年どこでプレイするのだろうか。

◆ ルーカス・バリオス
本名:ルーカス・ラモン・バリオス・カセレス
1984年11月13日生まれ(33歳)
出身:アルゼンチン(首都ブエノスアイレス)
身長:189cm
ポジション:フォワード
ブエノスアイレスで生まれたアルゼンチン人で、2003年に名門アルヘンティノス・ジュニオルスでデビュー。以降、チリやメキシコなどのクラブチームを渡り歩き、2009年にボルシア・ドルトムント(ドイツ)に移籍した。母親がパラグアイ人であることから、2010年にパラグアイ国籍を取得して以降パラグアイ代表に招集されるようになった。2015年に欧州を離れてブラジルに活躍の場を移すと、2017年はグレミオでチームに貢献。

2017.12.15

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。