Copa Aguila コロンビア1部リーグ (リーガ・アギラ)

“スコーピオンセーブ”で有名な伝説の元守護神は古巣で引き続きキーパーコーチを継続へ

元コロンビア代表GKレネ・イギータ氏の現在
▲ 51歳の現在はアトレティコ・ナシオナルでキーパーコーチを務めている元コロンビア代表GKレネ・イギータ氏
1990年代、カルロス・バルデラマ氏とともに独特な風貌が注目された元コロンビア代表GKレネ・イギータ氏は今、母国の名門アトレティコ・ナシオナルでキーパーコーチを務めている。この年末年始にはコーチ退任の噂も一部で挙がったようだが、イギータ氏は年明け以降もコーチの仕事を続けることになった。

アトレティコ・ナシオナルは今月、ラヌースをリベルタドーレス準優勝に導いたホルヘ・アルミロン監督を新監督として招聘した。アルミロン新監督は、就任に伴い専属のキーパーコーチであるオラシオ・モンティ氏を入閣させると表明していたため、その結果イギータ氏はキーパーコーチを退任させられるのではないかと現地で報じられていた。

だが、アトレティコ・ナシオナルのスポーツマネージャーは、話し合いで解決できることを強調。イギータ氏とモンティ氏とがともにトップチームで仕事をできるように調整する意向を示した。

▲ レネ・イギータ氏がコロンビア代表時代に披露した伝説のスコーピオンセーブ
監督が代わっても、イギータ氏は無職にならずに済みそうだ。

◆ レネ・イギータ
本名:ホセ・レネ・イギータ・サパータ
1966年8月27日生まれ(51歳)
出身:コロンビア(メデジン)
身長:176cm
現役時代のポジション:ゴールキーパー
1985年にミジョナリオスでデビューすると、以降キャリアのほとんどをコロンビア国内で過ごした。1987年からコロンビア代表に招集され、1989年にはアトレティコ・ナシオナルでリベルタドーレスを制した。1990年のW杯イタリア大会ではカメルーン戦でロジェ・ミラを相手にドリブルで抜こうとして失敗し、ゴールを献上する失態を犯した。1995年にはイングランドとの親善試合でジェイミー・レドナップのループシュートを海老反りジャンプのヒールキックで弾き返した“スコーピオンセーブ”はあまりにも有名。42歳の2008年まで現役を続けた。引退後はアル・ナスル(サウジアラビア)でキーパーコーチに就任すると、2016年にはアル・ナスルで監督も務めた。2017年は古巣アトレティコ・ナシオナルでキーパーコーチを務めている。長髪にヒゲを蓄えた風貌は、若い頃から変わっていない。元コロンビア代表。

2017.12.26

★アルゼンチン1部リーグの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。