Campeonato Mineiro カンピオナート・ミネイロ

元仙台チアゴ・ネービスが直接フリーキックでゴール 大勝したクルゼイロは首位に浮上

カンピオナート・ミネイロ 2018 第3節 クルゼイロ 4-0 ウベルランジア
▲ クルゼイロのイレブンをスタンドから称えるクルゼイレンセ(クルゼイロのサポーター)
1月24〜25日に行われたカンピオナート・ミネイロの第3節。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われた「クルゼイロ×ウベルランジア」は、元ベガルタ仙台の元ブラジル代表MFチアゴ・ネービスのゴールなどでクルゼイロが大勝した。

試合はクルゼイロが序盤から主導権を握り、32分には元ブラジル代表FWフレッジがポストを叩くシュートを打つと、その跳ね返りをウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータがゴールに押し込もうとしたが、このチャンスはゴールに至らず。それでも38分にホビーニョのクロスが相手のオウンゴールを誘って、クルゼイロが先制した。

42分にはチアゴ・ネービスが得意の左足で直接フリーキックを決めて、クルゼイロは 2-0 でハーフタイムを迎えた。

▲ 79分にゴールを決めたハフィーニャを抱き上げるチアゴ・ネービス(右)
後半もクルゼイロが相手を圧倒し、追加点を狙って畳みかけた。一方、ウベルランジアは52分にセットプレイからゴールネットを揺らしたが、ヘディングで合わせたフェホンがオフサイドを取られてゴールは無効になった。

クルゼイロは74分にフレッジがヘディングシュートでビッグチャンスを演出すると、79分に3点目を奪取。ホビーニョ、フレッジ、チアゴ・ネービスとつないで最終ラインを翻弄すると、最後は途中出場のハフィーニャが右足でゴールに流し込んだ。そしてその5分後には、元ブラジル代表FWハファエウ・ソービスとのワンツーでペナルティエリアを前進したハフィーニャが、右足のトゥーキックでゴールネットを揺らして、トドメを刺した。

カンピオナート・ミネイロ 2018 第3節 (2018/01/24)
クルゼイロ 4-0 ウベルランジア
ファービオ GK フェリッピ
エジウソン
マノエウ
ムリーロ
エジージオ
DF セジーニャ
ブルーノ・コスタ
フェホン
ハファエウ・エステバン
エンリーキ
アリエル・カブラル
(ルーカス・シウバ)
ホビーニョ
チアゴ・ネービス
(ハファエウ・ソービス)
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
(ハフィーニャ)
MF ジョアン・パウロ
ダニエウ・ペレイラ
(ダニーロ・バラ)
アレ
エリオマール
(サウロ)
フレッジ FW デイビソン
レアンドロ・サントス
(オウンゴール) ハファエウ・エステバン 38
チアゴ・ネービス 42
ハフィーニャ 79
ハフィーニャ 84
ゴール
イエロー
カード
デイビソン
ジョアン・パウロ
マノ・メネーゼス 監督 パウロ・セーザル・カタノーシ
主審: エメルソン・ジ・アウメイダ・フェヘイラ
会場: エスタジオ・ド・ミネイロン (ベロ・オリゾンチ)
2018.01.24

★ミナス・ジェライス州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。