Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

サンパウロの施設でリハビリ中のルイス・ファビアーノに古巣への復帰案が浮上

サンパウロでの通算ゴール数歴代3位の元ブラジル代表FWルイス・ファビアーノの去就
▲ サンパウロサッカー連盟で取材に応じたサンパウロのレコ会長
元ブラジル代表FWルイス・ファビアーノがバスコ・ダ・ガマを退団したことを受けて、サンパウロが動き出した。サンパウロのレコ会長は、同選手の古巣復帰を検討していると明らかにした。

サンパウロサッカー連盟でのインタビューでレコ会長は、アトレチコ・パラナエンセのDFジョナタンと、サントスのDFビクトル・フェーハスについて「素晴らしい選手」と称賛しつつも、クラブとして交渉していないことを明言。そのうち後者についてはサントスのジョゼ・カルロス・ペレス会長と会話程度したそうだが、交渉には発展していないと語った。

一方で、ルイス・ファビアーノの話題に移ると、同会長は「ケガから回復している最中だから、様子を見ている。交渉はしているが、進んでいない」と話した。ルイス・ファビアーノは現在、サンパウロの施設でリハビリ中で、同会長は選手の様子を間近で見ているとのことだ。

サンパウロにとって、ルイス・ファビアーノは特別な選手である。在籍した約8年間で叩き出した212ゴールは、1970年代に242ゴールを挙げたセルジーニョ・シュラーパ氏、1950〜1960年代に233ゴールを挙げたジノ・オルランド氏に次ぐ、チーム歴代3位の記録。チームに多大な貢献をしていた選手が現役とあって、ルイス・ファビアーノの復帰を望む声も少なくない。仮にルイス・ファビアーノの古巣復帰が実現した場合は、ルイス・ファビアーノとジエゴ・ソウザの2トップが実現する可能性もある。

レコ会長に対しては、最近ピッチ外でゴタゴタのあったペルー代表MFクリスティアン・クエバに関する質問も投げかけられたが、同会長はクエバについて「偉大な選手で、人間性も素晴らしい。先日も真摯に謝罪したし、彼はチームメイトからもサポーターからも愛されている」と説明した。

その上で最後に、クエバがワールドカップ出場濃厚であることに触れて、クエバが昨年のW杯予選プレイオフの後でサンパウロに戻るのが遅くなったことを引き合いに出し、「クエバがペルー代表に呼ばれないことを願っているよ。なぜなら、彼はサンパウロに戻ってくるのが遅いからね(笑)」と冗談交じりに話した。

2018.02.08

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。