Recopa Sudamericana レコパ・スダメリカーナ 2018

スダメリカーナとリベルタドーレスの優勝チーム同士の直接対決 初戦は 1-1 のエンパテ

レコパ・スダメリカーナ 2018 1st.Leg インデペンディエンテ 1-1 グレミオ
▲ 昨年のカップ戦王者同士の 1st.Leg は引き分けに終わった
前年のリベルタドーレス王者とスダメリカーナ王者とが対戦する「レコパ・スダメリカーナ」は、2月14日に 1st.Leg が行われた。アルゼンチンのアベジャネーダで行われた「インデペンディエンテ×グレミオ」は、引き分けで幕を閉じた。

インデペンディエンテは序盤から前がかりに攻めて、12分にはニコラス・ドミンゴのミドルシュートで相手ゴールを脅かすと、16分にはコーナーキックに合わせたマキシミリアーノ・メサのヘディングシュートがゴールの角に直撃。さらに19分には左サイドを崩して折り返されたボールを、マルティン・ベニーテスが滑りながらも左足で合わせたが、シュートは枠に飛ばずスタンドの溜め息を誘った。

守勢に回っていたグレミオは、21分に訪れたワンチャンスをものにした。相手の最終ラインのバックパスをインターセプトしたブラジル代表FWルアンがドリブルで相手陣内を駆け上がりペナルティエリアに達すると、たまらず飛び出したキーパーの脇をすり抜けるパスのようなシュートを決めて先制した。

25分にはボールを追いかけていたエマヌエル・ジグリオッティの肘がワルテル・カンネマンの顔面に当たってカンネマンが転倒すると、主審はVAR(ビデオアシスタントレフェリー)での確認を経てジグリオッティにレッドカードを提示。インデペンディエンテは早い時間帯に数的不利に陥ってしまった。

それでもインデペンディエンテは33分に左サイドでセットプレイを得ると、フェルナンド・ガイボルのフリーキックがブルーノ・コルテスの頭をかすめてキーパーの手を弾きゴールへ。公式記録はブルーノ・コルテスのオウンゴールとなって、インデペンディエンテが追いついた。

インデペンディエンテは一人少ない状況でもボールを支配して何度もチャンスを作っていた。グレミオのほうは少ない人数で攻撃を組み立てて応戦。試合は 1-1 のままタイムアップを迎えた。

2nd.Leg は、2月21日にブラジルのポルト・アレグレで行われる。

レコパ・スダメリカーナ 2018 1st.Leg (2018/02/14)
インデペンディエンテ
(アルゼンチン)
1-1 グレミオ
(ブラジル)
マルティン・カンパーニャ GK マルセーロ・グローイ
ファブリシオ・ブストス
(ホルヘ・フィガル)
アラン・フランコ
フェルナンド・アモレビエータ
ガストン・シルバ
DF レオナルド・モウラ
ペドロ・ジェロメウ
ワルテル・カンネマン
ブルーノ・コルテス
フェルナンド・ガイボル
(ジョナス・グティエレス)
ニコラス・ドミンゴ
マルティン・ベニーテス
(レアンドロ・フェルナンデス)
マキシミリアーノ・メサ
ジョナタン・メネンデス
MF ジャイウソン
マイコン
ビニシウス・リーマ
(アリソン)
エベルトン
(マイコスエウ)
ルアン
エマヌエル・ジグリオッティ FW シッセロ
(ジャエウ)
(オウンゴール) ブルーノ・コルテス 33 ゴール 21 ルアン
ニコラス・ドミンゴ
レアンドロ・フェルナンデス
フェルナンド・アモレビエータ
イエロー
カード
ペドロ・ジェロメウ
レオナルド・モウラ
アリソン
エマヌエル・ジグリオッティ レッド
カード
アリエル・オラン 監督 ヘナット・ガウーショ
主審: ロディ・サンブラーノ (エクアドル)
会場: エスタディオ・リベルタドーレス・デ・アメリカ (アベジャネーダ)
2018.02.14

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。