Campeonato Mineiro カンピオナート・ミネイロ

“vsクルゼイロ”よりも歴史の古い伝統のクラシコ 終盤に畳みかけたアトレチコが快勝

カンピオナート・ミネイロ 2018 第8節 アメリカ・ミネイロ 0-3 アトレチコ・ミネイロ
▲ ゴールを決めたホージェル・ゲージス(右から2人目)を抱擁で祝福するアトレチコ・ミネイロのイレブン
2月16〜18日に行われたカンピオナート・ミネイロの第8節。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われたクラシコ「アメリカ・ミネイロ×アトレチコ・ミネイロ」は、アトレチコが快勝した。

前半はともにチャンスを決めきれない中で、アトレチコ・ミネイロが終了間際に先制。コーナーキックをレオナルド・シウバがヘディングで折り返して、ヒカルド・オリベイラがヘディングでさらに折り返すと、最後はホージェル・ゲージスが頭でゴールに押し込んだ。ボールはキーパーがゴールライン上あたりで弾き返したため、アメリカ・ミネイロのイレブンは線審に詰め寄ってノーゴールを主張したが、判定は覆らなかった。

後半、アメリカ・ミネイロは52分に決定機を演出したが、クロスに合わせたマルキーニョスのヘディングシュートはゴールラインの手前でキーパーに弾かれてしまう。

一方、ピンチをしのいだアトレチコ・ミネイロは、85分にホージェル・ゲージスが角度のないところから放ったシュートが相手のオウンゴールを誘うと、90分にはリーベル・プレートから加入したトマス・アンドラーデの折り返しを元ブラジル代表FWヒカルド・オリベイラが右足でゴールに沈めて、トドメを刺した。

ベロ・オリゾンチのクラシコといえば「クルゼイロ vs アトレチコ・ミネイロ」が有名だが、創世記は「アメリカ・ミネイロ vs アトレチコ・ミネイロ」こそが同州最大のクラシコであった。その歴史から、現在もこの対決はクラシコと位置づけられている。

カンピオナート・ミネイロ 2018 第8節 (2018/02/18)
アメリカ・ミネイロ 0-3 アトレチコ・ミネイロ
グラウコ GK ビクトル
ノルベルト
メッシアス
ハファエウ・リーマ
ジオバンニ
DF パトリッキ
レオナルド・シウバ
ガブリエウ
ファービオ・サントス
ゼ・ヒカルド
ジュニーニョ
セルジーニョ
(マルキーニョス)
MF アジウソン
エリーアス
ロムロ・オテーロ
(トマス・アンドラーデ)
アイロン
(ヘナン・オリベイラ)
ハファエウ・モウラ
ルアン
(カリーニョス)
FW ホージェル・ゲージス
ヒカルド・オリベイラ
エリッキ
(ファン・カサーレス)
ゴール 45 ホージェル・ゲージス
85 ノルベルト (オウンゴール)
90 ヒカルド・オリベイラ
アイロン
ハファエウ・リーマ
ヘナン・オリベイラ
イエロー
カード
ロムロ・オテーロ
ガブリエウ
エンデルソン・モレイラ 監督 チアゴ・ラルギ
主審: イゴール・ジュニオ・ベネベヌート
会場: エスタジオ・インデペンデンシア (ベロ・オリゾンチ)
2018.02.18

★ミナス・ジェライス州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。