Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018

ボカ会長の顧問が運転中に強盗未遂と傷害事件の被害者に 車のバンパーは壊される

ボカ会長の顧問の男性がアベジャネーダの路上で強盗未遂被害に遭う
▲ 強盗犯の襲撃を受けて被害者の車は前方部のナンバープレートが外れそうになるほどの破損を被った。(写真ではナンバープレートを黒塗りで修正済み)
アルゼンチンのアベジャネーダで、8日の午後に強盗未遂事件と傷害事件が発生した。被害に遭ったのは、かつてボカ・ジュニオルスでコーチを務め、現在はダニエル・アンジェリッシ会長の顧問をしているマルセーロ・ロンドン氏で、乗っていた車も損壊の被害を受けた。

事件が発生したのはアベジャネーダのプエイレドン橋付近で、息子を乗せて運転していたロンドン氏の車を突然4台のバイクが取り囲んだ。停車させられると、犯行グループは車のバンパーなどを攻撃した上で、ロンドン氏に「おまえのバッグを渡せ。財布も出せ」などと恐喝されたという。要求されたバッグには、10日に行われる「ボカ vs ティグレ」の観戦チケットが入っていた。

恐喝した犯行グループの一人は、持っていたナイフで切りつけてロンドン氏は手を負傷。同乗していた息子は父に守られて無傷だった。

被害届を受理した警察はすでに捜査を進めており、容疑者は近日中にも逮捕される模様。

2018.03.09

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。