Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018

敗色濃厚のボカ 誤審に救われた上で後半のアディショナルタイムに追いついて引き分け

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018 第20節 アトレティコ・トゥクマン 1-1 ボカ・ジュニオルス
▲ 終了直前に同点ゴールを決めたワルテル・ボウは飛び上がって喜ぶ
3月16〜19日に行われたアルゼンチン1部リーグの2017-2018 第20節。トゥクマンで行われた「アトレティコ・トゥクマン×ボカ・ジュニオルス」は、ボカが終了直前に追いついて敗北を回避した。

アトレティコ・トゥクマンは17分にファビオ・アルバレスがアーリークロスに頭で合わせたが、シュートは枠外に。対するボカは27分にクリスティアン・パボンがクロスに右足のジャンピングボレーで合わせたが、ボールはわずかにファーサイドのポストをかすめて逸れた。

先制したのはアトレティコ・トゥクマンで、32分にギジェルモ・アコスタのフリーキックをハビエル・トレードがヘディングでゴール右隅に押し込んだ。

後半、アトレティコ・トゥクマンは51分にロングフィードから生まれたチャンスでハビエル・トレードがゴールネットを揺らしたが、オフサイドによって追加点は無効に。その後はしばらく中盤での激しいボールの奪い合いが目立った。

ボカは80分にエマヌエル・レイノーソがスライディングを受けて転倒したが、ファウルを受けたペナルティエリアを受けた場所がペナルティエリアのライン上で、主審がPKを取らなかったことにギジェルモ・バロシュケロット監督が不満そうなアクションを起こす一幕もあった。

アトレティコ・トゥクマンは85分にボカの最終ラインを崩してゴールネットを揺らしたが、線審の旗が上がった。スローVTRだとオフサイドではなかったが、結果としてボカはこの誤審に救われることとなった。

ボカが追いついたのは、5分設けられた後半のアディショナルタイム。91分、クリスティアン・パボンが上げたクロスをウルグアイ代表MFナイタン・ナンデスがヘディングで折り返すと、ネリ・レジェスの体に当たったボールはゴール右隅へと弾んでいった。そこに途中出場のワルテル・ボウが、ポストへの衝突を恐れずに飛び込んでボールを泥臭くゴールに押し込んだ。

首位のボカはどうにか敗北を免れたが、2位タジェーレスとの勝ち点差は6に縮まった。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018 第20節 (2018/03/18)
アトレティコ・トゥクマン 1-1 ボカ・ジュニオルス
アウグスト・バタージャ GK アグスティン・ロッシ
クリスティアン・ビジャーラ
(ゴンサーロ・フレイタス)
ラファエル・ガルシア
ジョナタン・カブラル
ガブリエル・リッソ・パトロン
DF レオナルド・ハラ
(エマヌエル・レイノーソ)
パオロ・ゴルツ
リサンドロ・マガジャン
エマヌエル・マス
(ワルテル・ボウ)
ロドリーゴ・アリエンドロ
ネリ・レジェス
ギジェルモ・アコスタ
ファビオ・アルバレス
MF ウィルマール・バリオス
パブロ・ペレス
ナイタン・ナンデス
レアンドロ・ディアス
(ルイス・ロドリゲス)
ハビエル・トレード
(ダビ・バルボーナ)
FW クリスティアン・パボン
カルロス・テベス
(フリオ・ブッファリーニ)
ラモン・アビラ
ハビエル・トレード 32 ゴール 90+1 ワルテル・ボウ
ジョナタン・カブラル
ガブリエル・リッソ・パトロン
ロドリーゴ・アリエンドロ
ギジェルモ・アコスタ
イエロー
カード
ウィルマール・バリオス
パブロ・ペレス
フリオ・ブッファリーニ
リカルド・シエリンスキ 監督 ギジェルモ・バロシュケロット
主審: ダリオ・エレーラ
会場: エスタディオ・モヌメンタル・プレシデンテ・ホセ・フィエーロ (トゥクマン)
2018.03.18

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。