Campeonato Paranaense カンピオナート・パラナエンセ

2nd.Leg で逆転したアトレチコ・パラナエンセが2年ぶり24度目の優勝

カンピオナート・パラナエンセ 2018 決勝 2nd.Leg アトレチコ・パラナエンセ 2-0 コリチーバ
▲ (上下左右中央番)
4月8日に行われたカンピオナート・パラナエンセの決勝 2nd.Leg。パラナー州の州都クリチーバで行われたクラシコ「アトレチコ・パラナエンセ×コリチーバ」は、アトレチコ・パラナエンセが勝って優勝した。

“Atle-tiba(アトレチーバ)”と呼ばれるクリチーバ伝統のクラシコとなった今年の決勝は、カズの古巣コリチーバが1st.Legで勝利。しかしこの日の2nd.Legではアトレチコ・パラナエンセの強さが光った。

勝たなければ優勝はないアトレチコ・パラナエンセは、序盤から主導権を握る。すると前半のアディショナルタイムに、右サイドからパスを受けたブルーノ・ギマリャイスがペナルティエリアに入ってすぐフェイントで一人を振り切ってシュートコースを作ると、右足のアウトサイドキックでゴールに蹴り込み先制した。

アトレチコ・パラナエンセは、後半の早い時間帯に追加点を奪取。56分、左サイドからのクロスをエデルソンが右足でゴールに押し込んだ。

この結果、2試合合計スコアを 2-1 で逆転したアトレチコ・パラナエンセが、2年ぶり24度目の優勝を果たした。得点王は9ゴールでアトレチコ・パラナエンセのエデルソン。

カンピオナート・パラナエンセ 2018 決勝 2nd.Leg (2018/04/08)
アトレチコ・パラナエンセ 2-0 コリチーバ
カイオ GK ウィウソン
ジエゴ
ゼ・イバウド
レオ・ペレイラ
ヘナン・ロジ
DF マルコス・モーゼル
ホメルシオ
タリソン・ケウビン
レオ・アンドラージ
デイビッジ
ブルーノ・ギマリャイス
マテウス・アンジョス
(イアゴ)
ジョアン・ペドロ
(エメルソン・シウバ)
MF マテウス・ガウデザーニ
ジョアン・パウロ
ジュリオ・フッチ
チアゴ・ロペス
(カジ)
マルシーニョ
エデルソン
(アレックス)
FW パブロ
(イアゴ)
(アレキサンドロ)
クレーベル
ブルーノ・ギマリャイス 45+2
エデルソン 56
ゴール
デイビッジ
ブルーノ・ギマリャイス
ヘナン・ロジ
イエロー
カード
マテウス・ガウデザーニ
ジョアン・パウロ
チアゴ・ヌーニス 監督 サンドロ・フォルネル
主審: フェリッピ・ゴメス・ダ・シウバ
会場: アレーナ・ダ・バイシャーダ (クリチーバ)
2018.04.08

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。