Campeonato Mineiro カンピオナート・ミネイロ

アラスカエータとチアゴ・ネービスのゴールで勝ったクルゼイロが4年ぶり37度目の優勝

カンピオナート・ミネイロ 2018 決勝 2nd.Leg クルゼイロ 2-0 アトレチコ・ミネイロ
▲ 開始早々に先制ゴールを決めたウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータ
4月8日に行われたカンピオナート・ミネイロの決勝 2nd.Leg。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われたクラシコ「クルゼイロ×アトレチコ・ミネイロ」は、クルゼイロが勝利。2試合合計スコアは 3-3 となったが、アウェイゴール・ルールによりクルゼイロの優勝が決まった。

1st.Leg を 1-3 で落としたクルゼイロは、キックオフ直後に先制。3分、ウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータのシュートはキーパーが両手で弾いたが、セカンドボールを右サイドで拾ったエジウソンが低めのクロスを上げると、キーパーの前に飛飛び込んだアラスカエータがヘディングでゴールに押し込んだ。

アトレチコ・ミネイロは19分にエクアドル代表MFファン・カサーレスが直接フリーキックでゴールを狙ったが、惜しくも枠を逸れた。すると21分、サイドライン際でボールを大きく蹴り出したエジウソンにプレッシャーをかけたベネズエラ代表MFロムロ・オテーロが不要な左手でのパンチをエジウソンの顔面にお見舞い。あろうことか、第4審判の目の前でこのファウルが発生し、オテーロはその場で退場処分になった。アトレチコは自滅した格好になった。

▲ 優勝セレモニーで飛び跳ねて喜ぶファービオ(右)らクルゼイロの選手たち
数的有利のクルゼイロは、エンドの替わった後半の早い時間帯に追加点を奪取。ホビーニョが右サイドから前線にボールを送ると、元ベガルタ仙台のチアゴ・ネービスが体勢を崩しながらも右足で合わせてゴールネットを揺らした。

その後ゴールは生まれず、2-0 で終了。1st.Leg でアウェイゴールを取っていたクルゼイロの、4年ぶり37度目の優勝が決まった。

カンピオナート・ミネイロ 2018 決勝 2nd.Leg (2018/04/08)
クルゼイロ 2-0 アトレチコ・ミネイロ
ファービオ GK ビクトル
エジウソン
(フェデリコ・マンクエージョ)
デデ
レオ
エジージオ
DF パトリッキ
ガブリエウ
レオナルド・シウバ
ファービオ・サントス
エンリーキ
アリエル・カブラル
ホビーニョ
(ハフィーニャ)
チアゴ・ネービス
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
(エゼキエウ)
MF エリーアス
(ホージェル・ゲージス)
アジウソン
ロムロ・オテーロ
ファン・カサーレス
ハファエウ・ソービス FW ルアン
(グスターボ・ブランコ)
ヒカルド・オリベイラ
(エリッキ)
ジョルジアン・デ・アラスカエータ 03
チアゴ・ネービス 52
ゴール
レオ
エジウソン
チアゴ・ネービス
ホビーニョ
エジージオ
アリエル・カブラル
イエロー
カード
パトリッキ
ヒカルド・オリベイラ
エリッキ
レッド
カード
ロムロ・オテーロ
パトリッキ
マノ・メネーゼス 監督 チアゴ・ラルギ
主審: ルイス・フラービオ・ジ・オリベイラ
会場: エスタジオ・ド・ミネイロン (ベロ・オリゾンチ)
2018.04.08

★ミナス・ジェライス州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。