Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

途中出場で躍動したニコラス・ロペス 2ゴールの活躍でインテルナシオナウを勝利に導く

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第1節 インテルナシオナウ 2-0 バイーア
▲ 元U-20ウルグアイ代表FWニコラス・ロペス
2018年のカンピオナート・ブラジレイロは4月14日に開幕し、14〜16日に各地で第1節が行われた。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われた「インテルナシオナウ×バイーア」は、元U-20ウルグアイ代表FWニコラス・ロペスの2ゴールでインテルナシオナウが勝利を収めた。

序盤はバイーアに攻め込まれたが、そこをしのいでボール支配率を高めていったインテルナシオナウは、フィニッシュの数も増やしていった。すると37分、パトリッキのクロスをニコラス・ロペスがヘディングでゴールに押し込んで先制した。

44分には元アルゼンチン代表MFアンドレス・ダレッサンドロが左足でハーフボレーシュートを打ったが、ボールはわずかに浮いてしまう。ダレッサンドロは54分にもニコラス・ロペスから渡されたボールを左足でゴール右隅に狙ったが、シュートはわずかに枠を逸れてしまった。

ダレッサンドロはチャンスでゴールを決めきれなかったが、ニコラス・ロペスは違った。60分にエデニウソンとのワンツーで最終ラインの裏へ抜け出すと、ボールがバウンドする前に左足でゴールに流し込み 2-0 とした。

昨年はクラブ史上初のセリエBに落ちていたインテルナシオナウだが、昇格して最初の試合を勝てたことは、今後を占う上でも大きな勝ち点3となりそうだ。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第1節 (2018/04/15)
インテルナシオナウ 2-0 バイーア
マルセーロ・ロンバ GK ドウグラス・フレイドリッチ
ファビアーノ
ホドリーゴ・モレード
ビクトル・クエスタ
イアゴ
DF ニノ・パライーバ
チアゴ
ドウグラス・グロウリ
レオ
ホドリーゴ・ドウラード
パトリッキ
エデニウソン
アンドレス・ダレッサンドロ
(ガブリエウ・ジアス)
MF グレゴーリ
エウトン
ビニシウス
(ヘージス)
ゼ・ハファエウ
(アグスティン・アリオーネ)
マルコ・アントニオ
(ジュニオール・ブルマード)
ホッジ
(ニコラス・ロペス)
ウィリアン・ポッチケル
(ブレーネル)
FW エジガル・ジュニオ
ニコラス・ロペス 37
ニコラス・ロペス 60
ゴール
ウィリアン・ポッチケル
ブレーネル
イエロー
カード
オダイール・エウマン 監督 グト・フェヘイラ
主審: エドゥアルド・トマス・ジ・アキーノ・バラドン
会場: エスタジオ・ベイラ・リオ (ポルト・アレグレ)
2018.04.15

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。