Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

開幕節以来の勝利でサントスが11位に浮上 “ガビゴウ”は2ゴールの活躍で勝利に貢献

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第5節 サントス 3-1 パラナー
▲ 後半に2ゴールを決めてポーズを決めるガブリエウ・バルボーザ
5月12〜14日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2018 の第5節。サンパウロ州のサントスで行われた「サントス×パラナー」は、ガブリエウ・バルボーザの2ゴールなどでサントスが勝利を収めた。

前半、サントスは攻め込んだ場面でもフィニッシュの精度が低く、パラナーに付け入る隙を与えていた時間帯もあったことから、ハーフタイムに入るときにはスタンドからブーイングも聞こえてきた。

そんなサポーターによる厳しい評価が奮起させたのか、サントスはエンドの替わった後半の立ち上がりに先制する。46分、ガブリエウ・バルボーザのスルーパスから始まった右サイドからの攻撃は一旦クリアされたが、セカンドボールをガブリエウ・バルボーザが左足でシュートに持ち込み、エドゥアルド・サッシャがヘディングで流すと、最後はホドリゴが右足でゴールに押し込んだ。

なおも攻め込んだサントスは、58分に追加点を奪取。ビクトル・フェーハスが右サイドから上げたクロスをエドゥアルド・サッシャがヘディングで折り返すと、最後はガブリエウ・バルボーザが頭でゴールに押し込み 2-0 とした。

金髪に染めたガブリエウ・バルボーザは、75分にこの日2点目のゴールを奪った。途中出場のアルトゥール・ゴメスが左サイドをドリブルで崩して中央に折り返し、そこにガブリエウ・バルボーザが得意の左足で合わせてのゴールだった。

パラナーは後半のアディショナルタイムにやっと一矢を報いたが、反撃はここまで。開幕節以来の勝利を収めたサントスは11位に浮上した一方、パラナーは勝ち点1と最下位に低迷している。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第5節 (2018/05/13)
サントス 3-1 パラナー
バンデルレイ GK デイビッジ
ビクトル・フェーハス
ルーカス・ベリッシモ
グスターボ・エンリーキ
ドド
DF アレモン
ジェシエウ
ハヤン
イゴール
(ジュニオール)
アリソン
(エミリアーノ・ベッキオ)
ビットル・ブエーノ
(ジエゴ・ピトゥーカ)
ジェアン・モッタ
MF ウェズレイ・ジアス
トリート・ゴンサーレス
(アレックス・サンターナ)
カイオ・エンリーキ
ホドリゴ
(アルトゥール・ゴメス)
エドゥアルド・サッシャ
ガブリエウ・バルボーザ
FW レオ・イタペルーナ
(ビットル・フェイジョン)
カルロス
シウビーニョ
ホドリゴ 46
ガブリエウ・バルボーザ 58
ガブリエウ・バルボーザ 75
ゴール 90+2 シウビーニョ
ガブリエウ・バルボーザ イエロー
カード
トリート・ゴンサーレス
ビットル・フェイジョン
ジャイル・ベントゥーラ 監督 ホジェーリオ・ミカーリ
主審: ワギネル・ヘワイ
会場: エスタジオ・ビラ・ベウミーロ (サントス)
2018.05.13

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。