Seleccion Nacional de Colombia コロンビア代表

生演奏、ペンライト、花火とコンサートさながらの演出 ファルカオはロシアでの活躍を約束

コロンビア代表のワールドカップ壮行会が首都ボゴタのエスタディオ・ネメシオ・カマーチョで開催
▲ 壮行会の開始前からスタンドではサッカーボールの風船を客席が動かして遊ぶなど和やかな雰囲気があった
5月25日、コロンビアの首都ボゴタでコロンビア代表のワールドカップ壮行会が盛大に行われた。

収容人数が36,343のエスタディオ・ネメシオ・カマーチョ(別称:エスタディオ・エル・カンピン)には、事前予想で3万人以上の来場が見込まれることが明らかになっていた。この壮行会ではチケットの一般販売は行われず、全席のチケットが代表のスポンサーによって配布される形で、コカ・コーラ社とアギラ社のほかに、テレビ番組ネットワークのカラコル・テレビシオン社、宅急便大手のセルビエントレーガ社などもコロンビア代表の公式スポンサーとして壮行会のチケットを授与された。

壮行会は、現地時間で午後6時にスタート。スタンドの一部を除いてほぼ満席となり、片方のゴール裏とスタンドの間にはコンサートさながらの大きなステージが用意されていて、そこにロシアへ向かうコロンビア代表選手の御一行が登場した。日が暮れると、スタンドの観客はペンライトを灯し、ステージではミュージシャンの生演奏・生歌唱をBGMにして代表選手たちが楽しげに踊り、時折ステージ裏からは花火も打ち上がる、まさにスタジアムコンサートのような盛り上がりをみせた。

▲ 特設ステージでは音楽に合わせてコロンビア代表の面々が笑顔でダンスを披露
壇上でファルカオは「コロンビア国民の情熱とハートで、我々選手一同は国のために全力を尽くせると確信している」と挨拶した。ファルカオの言葉には、決意と希望が込められていた。

コロンビア代表はこの後、母国を離れてイタリアのミラノで合宿を開始。エジプト代表との強化試合を行うなどしてから、ロシアのカザン近郊へと向かう予定となっている。

2018.05.25

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。