FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会

堅守速攻を徹底したアイスランドが大健闘 アルゼンチンはメッシのPK失敗もあり白星を逃す

2018 FIFAワールドカップ グループステージ第1節 アルゼンチン 1-1 アイスランド
▲ 後半にPKを外して頭を抱えるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(中央)
6月16日に行われたFIFAワールドカップのグループステージ第1節。カリーニングラードで行われた「アルゼンチン×アイスランド」は、どちらも勝ちきれずにタイムアップを迎えた。

アイスランドは9分に絶好のチャンスを迎えたが、右サイドからペナルティエリアまで運ばれたボールに合わせたビルキル・ビャルナソンのシュートは惜しくも枠を捕らえられない。一方、16分にメッシの枠内シュートで決定機を作ったアルゼンチンは19分に先制。味方のパスをペナルティエリアの中央でトラップしたセルヒオ・アグエロが、背にしたマークを振り切って左足を振り抜きゴールネットに突き刺した。

ところが、アイスランドは怯まずに立ち向かうと、23分にシグルドソンのクロスから生まれたセカンドボールをフィンボガソンが右足でゴールに沈めて 1-1 とした。追いつかれたアルゼンチンはその後攻め込むも、相手の堅守に手を焼いた印象。同点のままでハーフタイムを迎えた。

後半、アルゼンチンは62分にマキシミリアーノ・メサがペナルティエリアで倒されてPKを得たが、このPKをメッシが蹴るもコースを読みきられて勝ち越しのチャンスを逸する。さらに81分にはメッシがペナルティエリアの外から左足でゴール右隅を狙ったが、シュートはポストをかすめて枠を逸れた。

終盤になってもアルゼンチンはメッシにボールを集めて攻撃を展開したが、引いて守るアイスランドの堅い守備を崩しきれない。後半のアディショナルタイムには、終了直前にセットプレイを得たが、メッシが左足で狙ったフリーキックは壁に当たってタイムアップを迎えた。この試合ではしばしばメッシのフリーキックが壁に当たるシーンが目立っていた。

初戦で勝ち点3を奪えなかったアルゼンチンはこの後、どのようにして課題を修正していくのか。

2018 FIFAワールドカップ ロシア大会 グループステージ第1節 (2018/06/16)
アルゼンチン 1-1 アイスランド
ウィルフレード・カバジェーロ GK ハネス・ハルドルソン
エドゥアルド・サルビオ
ニコラス・オタメンディ
マルコス・ロホ
ニコラス・タグリアフィーコ
DF ビルキル・サエバルソン
ラグナル・シグルドソン
カリ・アルナソン
ホルドゥル・マグヌソン
ルーカス・ビリア
(エベル・バネガ)
ハビエル・マスチェラーノ
マキシミリアーノ・メサ
(ゴンサーロ・イグアイン)
アンヘル・ディ・マリア
(クリスティアン・パボン)
MF アーロン・グンナルソン
(アリ・スクラソン)
エミル・ハルフレドソン
ヨハン・グズムンドソン
(ルリク・ギスラソン)
ビルキル・ビャルナソン
リオネル・メッシ
セルヒオ・アグエロ
FW ギルフィ・シグルズソン
アルフレッド・フィンボガソン
(ビョルン・シグルザルソン)
セルヒオ・アグエロ 19 ゴール 23 アルフレッド・フィンボガソン
ホルヘ・サンパオリ 監督 ヘイミル・ハルグリムソン
主審: シモン マルチニアク (ポーランド)
会場: スパルタク・スタジアム (カリーニングラード)
2018.06.16

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。