Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

リーベルではガジャルド監督の構想外… 27歳アウスキが選んだ新天地はウラカン

長年エストゥディアンテスで活躍したカルロス・アウスキがリーベル・プレートを離れてウラカンへ移籍
▲ リーベルでは途中出場が多く、スタメンでの出場は限られていたカルロス・アウスキ(右)
ウラカンは30日、カルロス・アウスキと契約を締結したことを発表した。すでに健康診断も済ませていて、同選手は即日契約書にサインした。

2016年までエストゥディアンテス不動のストライカーとして活躍していたアウスキは、2017年にリーベル・プレートへ移籍したものの、ガジャルド監督の戦術や構想に合わないのか、主力として使ってもらえる機会は少なかった。これを受けて、アウスキは出場機会を求めて移籍を志願していた。

ウラカンはひとまずレンタル移籍でアウスキの加入させたが、今後の活躍次第では完全移籍のオプションを行使する可能性も十分あるという。

アウスキは、笑顔でウラカンへの移籍を報告している。

◆ カルロス・アウスキ
本名:カルロス・ダニエル・アウスキ
1991年3月16日生まれ(27歳)
出身:アルゼンチン(ブエノスアイレス州ロンチャン)
身長:180cm
ポジション:フォワード
2009年に18歳でエストゥディアンテスでデビューすると、2012-2013シーズンから頭角を現した。2017年にリーベル・プレートへ移籍したが、スタメンでの出場機会を少なかった。

2018.07.31

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。