Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

インテルナシオナウがクラシコを制して首位堅守も… 試合終了後には両軍入り乱れて混乱

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第24節 インテルナシオナウ 1-0 グレミオ
▲ 58分にこの試合唯一のゴールを決めたエデニウソン(左)は飛び上がって右手を振り上げる
9月8〜10日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2018 の第24節。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われたクラシコ「インテルナシオナウ×グレミオ」は、インテルナシオナウが接戦を制した。

インテルナシオナウの赤色がスタンドを埋め尽くし、4万人以上の大観衆が見つめる中で、試合は序盤から一進一退の攻防が繰り広げられた。実力伯仲のチーム同士、そして長い歴史と因縁が渦巻く一戦は、フィニッシュ以外にもピッチ上で両軍の選手がいがみ合う場面も多く。前半終了の笛が鳴ってスタンドへ下がる際には、両チームの選手が歩きながら口論になり、試合に出ていない選手にまでイエローカードが出るなど「クラシコらしい」空気が出来上がった。

0−0 で迎えた後半。56分に元U-20ウルグアイ代表FWニコラス・ロペスのミドルシュートで攻撃のリズムを作ったインテルナシオナウは、直後の58分に先制。左サイドからウエンデウがクロスを上げると、中盤からゴール前に押し上げていたエデニウソンがヘディングシュートを叩きつけてゴールネットを揺らした。

▲ 試合終了後にピッチ上でいがみ合いになった両軍の選手たち。控え選手やスタッフも出てきて、現場は混乱した
失点したグレミオは、直後の60分にアンドレのヘディングシュートで相手ゴールを脅かすと、その1分後にはペドロ・ジェロメウがオフサイドトラップをかいくぐってフリーでボレーシュートを放ったが、キーパーに弾き返されてチャンスを逸した。

インテルナシオナウの1点リードでタイムアップを迎えると、ピッチでは再び両チームの選手が対立。ヘナット・ガウーショ監督がインテルナシオナウのベンチに乗り込んだことで火に油を注いでしまい、殺伐とした空気のまま伝統のクラシコは幕を閉じた。

クラシコを制したインテルナシオナウは首位を堅守。一方敗れたグレミオは5位と、優勝戦線から少し離された。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第24節 (2018/09/09)
インテルナシオナウ 1-0 グレミオ
マルセーロ・ロンバ GK マルセーロ・グローイ
ゼッカ
ホドリーゴ・モレード
ビクトル・クエスタ
ウエンデウ
(ファビアーノ)
DF レオナルド・モウラ
ペドロ・ジェロメウ
ブレッサン
ブルーノ・コルテス
ホドリーゴ・ドウラード
エデニウソン
パトリッキ
ニコラス・ロペス
(アンドレス・ダレッサンドロ)
ウィリアン・ポッチケル
MF シッセロ
タシアーノ
(ペペ)
ハミーロ
アリソン
ルアン
(ジェアン・ピエーヒ)
ジョナタン・アルベス
(レアンドロ・ダミアン)
FW アンドレ
(トニー・アンデルソン)
エデニウソン 58 ゴール
ビクトル・クエスタ
ホッシ
ニコラス・ロペス
ウィリアン・ポッチケル
ゼッカ
イエロー
カード
タシアーノ
ルアン
ハミーロ
アンドレ
マルセーロ・グローイ
オダイール・エウマン 監督 ヘナット・ガウーショ
主審: ペリクレス・バッソウス・ペガード・コルチス
会場: エスタジオ・ベイラ・リオ (ポルト・アレグレ)
2018.09.09

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。