Copa do Brasil 2017 コパ・ド・ブラジウ 2018

序盤のチャンスをものにしたクルゼイロが先勝 パウメイラスは攻め込むもチャンスを生かせず

コパ・ド・ブラジウ 2018 準決勝 1st.Leg パウメイラス 0-1 クルゼイロ
▲ 4分にゴールを決めた元アルゼンチン代表FWエルナン・バルコスはスタンドに向かってお決まりの海賊ポーズを披露
9月12〜13日に行われたコパ・ド・ブラジウ 2018 の準決勝 1st.Leg。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「パウメイラス×クルゼイロ」は、クルゼイロが敵地で先勝した。

試合は、クルゼイロが4分に先制。カウンターを仕掛けて前線の右側を上がった元ブラジル代表MFチアゴ・ネービスが中央にパスを出すと、元アルゼンチン代表FWエルナン・バルコスがトラップしたボールをキーパーに詰め寄られる前に右足で軽く浮かせて、ゴールに流し込んだ。

一方、先制される直前にコロンビア代表FWミゲル・アンヘル・ボルハのシュートでチャンスメイクしたパウメイラスは、10分にはドゥドウがペナルティエリアの左側から右足でシュートを打ったが、ファーサイドのゴールネットを狙って蹴ったボールは惜しくも枠を逸れた。13分には右からのグラウンダーのクロスに合わせたウィリアンの当たり損ないのシュートが、ループシュートのように弧を描いてクロスバーに当たる不運も。さらに28分にはカウンターからドゥドゥ、ウィリアンとつないだボールを最後はボルハがシュートに持ち込んだが、ボールは枠を捕らえられずサイドネットを揺らすに留まった。

クルゼイロは41分にチアゴ・ネービスのパスからビッグチャンスを演出するも、ファーサイドからゴール前に飛び込んだウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータのシュートはキーパーにシュートコースを消されてしまった。

後半、パウメイラスの攻勢が続く中で71分にハフィーニャとマイキが衝突して両者ともうずくまると、この件を巡って両軍の選手がピッチ上で口論になる一幕も。そして80分にはルーカス・リーマが角度のないところで右足を振り抜いたが、シュートはキーパーが右手の指先に当ててファーサイドへ押し出した。

クルゼイロは81分に相手のシュートが手に当たったとしてイエローカードを出されたエジウソンが、主審へのクレームによりレッドカードを出されて数的不利に陥った。パウメイラスはその後懸命に攻めたが、85分にペナルティエリアの左側で仕掛けたドゥドゥの突破はキーパーに阻まれ、初戦を落とす結果となった。

試合後、パウメイラスのウィリアンは「良い試合をできていたと思う。クルゼイロに後半ゴールを与えずに済んだし、次につながるはず」と述べた。

コパ・ド・ブラジウ 2018 準決勝 1st.Leg (2018/09/12)
パウメイラス 0-1 クルゼイロ
ウェベルトン GK ファービオ
マイキ
アントニオ・カルロス
エドゥ・ドラセーナ
ジオゴ・バルボーザ
DF エジウソン
デデ
レオ
エジージオ
チアゴ・サントス
(ルーカス・リーマ)
ブルーノ・エンリーキ
(マルコス・ホッシャ)
モイゼス
MF エンリーキ
ルーカス・シウバ
ホビーニョ
(ブルーノ・シウバ)
チアゴ・ネービス
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
(ハフィーニャ)
ウィリアン
ミゲル・アンヘル・ボルハ
(アルトゥール)
ドゥドゥ
FW エルナン・バルコス
(ハニエウ)
  ゴール 04 エルナン・バルコス
チアゴ・サントス
ドゥドゥ
イエロー
カード
レオ
ファービオ
エジウソン
レッド
カード
エジウソン
ルイス・フェリッピ・スコラーリ 監督 マノ・メネーゼス
主審: ワギネル・ヘワイ
会場: アレーナ・パウメイラス (サンパウロ)
2018.09.12

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。