Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

リサンドロ・ロペスはオフサイドだった? スローVTRでは体半分が出ていたがVARでの検証なし

「ラシン vs ボカ」の試合で元アルゼンチン代表FWリサンドロ・ロペスが決めた先制点にオフサイドの疑惑が浮上
▲ 7分にリサンドロ・ロペスがゴールを決める直前のシーン。ギジェルモ・フェルナンデス(左上)がシュートを打つ瞬間の静止画だと、リサンドロ・ロペスは体半分だけオフサイドポジションにあるように映るが…
リサンドロ・ロペスが7日のボカ戦で決めた2点のうち、1点はノーゴールだったのではないかとの疑惑が浮上している。

疑惑の場面は、前半7分のこと。ギジェルモ・フェルナンデスがフリーでシュートを打った瞬間、リサンドロ・ロペスの左半身がオフサイドポジションにあたるのではないかと、一部のメディアが取り上げたためだ。スローVTRのキャプチャー画像を確認すると、リサンドロ・ロペスはオフサイドポジションにあったとみてとれる。

オフサイドはほんの少しでも体が出ていれば該当するため、ボールへの関与が認められれば通常はオフサイドとなる。このときのリサンドロ・ロペスは、相手選手に当たって目の前でルーズボールになったところ即座に反応してシュートまで決めているため、ボールへの関与は確実にあったが…。

このシーンについて、主審がVAR(ビデオアシスタントレフェリー)による確認もしなかったことも問題視したボカ側は、この事象について対応を協議することにしたという。

なお、この試合はリサンドロ・ロペスの2ゴールでラシンが主導権を握ったが、ボカが終盤に2点を奪い返して引き分けに持ち込んだ

2018.10.07

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。