Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

コルドバのクラシコで観客に重傷者 スタンド最前列の塀から4m下に転落して救急搬送

コルドバのエスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペスでタジェーレスのサポーターが転落する事故が発生
▲ 転落した男性サポーターを担架で引き上げる地元の救急隊員ら
コルドバのクラシコで、観客の転落事故が発生してしまった。

事故が起きたのは、7日に「タジェーレス vs ベルグラーノ」のクラシコが行われたエスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペス。前半の終了間際にPKでタジェーレスが先制した際に、チームのベンチの後ろに位置する座席で観戦していたタジェーレスの男性サポーターが、スタンドから約4m下の溝に落下してしまった。このスタジアムでは観客のピッチ乱入を防ぐ目的で、スタンドとピッチの間に深い溝が設けられていて、男性はその溝に誤って落ちてしまったとみられる。

当該の男性は現場に駆けつけた救急隊員らによって、まず担架で引き上げられ、すぐに近くの病院へ救急搬送された。だが、同日の20時現在で負傷者の容態は明らかになっていない。

コルドバでは昨年の4月15日にも今回と同じスタジアムで男性が転落する事象があったが、このときは事故ではなくサポーター同士によるいがみ合いから発展した殺人事件だった。

現地当局は今回、事件と事故の両面を視野に捜査を進めている。

2018.10.07

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。