Friendly Match 親善試合

ワールドカップ以降無敗のコロンビアが躍動 クチョ・エルナンデスの2ゴールなどで連勝

国際親善試合 コロンビア 3-1 コスタリカ
▲ ボカでも不動のボランチとして活躍するウィルマール・バリオス(5番)
10月16日に行われた国際親善試合。米国のニュージャージー州ハリソンで行われた「コロンビア×コスタリカ」は、コロンビアが快勝した。

ハメス・ロドリゲスにファルカオ、さらにはファン・フェルナンド・キンテーロと現状構成しうるベストメンバーで臨んだコロンビアは、序盤からピッチを広く使った攻撃で何度もフィニッシュに持ち込んでいく。コスタリカに攻め込まれる場面は少なく、主導権を握ったコロンビアは30分に先制。左サイドからドリブルで二人を抜いたカルロス・バッカが、ペナルティエリアを進んだところで右足を振り抜き、ニアサイドのポストとキーパーとの間を貫く鋭いシュートを決めた。

コスタリカも黙ってはおらず、前半の終了間際にクリスティアン・ガンボアのクロスをケンダール・ワストンがヘディングでゴールに押し込み、同点とした。

▲ コロンビア代表の次世代型ファンタジスタとして評価もうなぎ登りのファン・フェルナンド・キンテーロ(右)
後半はコロンビアのペースで進み、72分にハメス・ロドリゲスが右サイドから中央へ出したパスがファルカオの足元に収まらず、ファーサイドへ流れたところにファン・ギジェルモ・クアドラードが反応してシュート。キーパーが弾いたところにクチョ・エルナンデスがヘディングでゴールに押し込んで、コロンビアが勝ち越しに成功した。

その後訪れたピンチをしのいだコロンビアは、後半のアディショナルタイムにカウンターを仕掛けると、ファン・ギジェルモ・クアドラードがドリブルでペナルティエリアまで達してシュートでなくパスを選択し、最後はクチョ・エルナンデスが左足でゴールへパスを出すようなシュートを決めた。

先のワールドカップでベスト16に終わり、名将ホセ・ペケルマン氏が去ったコロンビア代表は、先月からの親善試合4戦を3勝1分と上場の結果を出している。

国際親善試合 (2018/10/16)
コロンビア 3-1 コスタリカ
ダビ・オスピーナ GK ケイラー・ナバス
サンティアゴ・アリアス
ダビンソン・サンチェス
オスカル・ムリージョ
クリスティアン・ボルハ
DF クリスティアン・ガンボア
(イアン・スミス)
ケンダール・ワストン
ジャンカルロ・ゴンサーレス
ブライアン・オビエード
ウィルマール・バリオス
マテウス・ウリーベ
(ファン・ギジェルモ・クアドラード)
ファン・フェルナンド・キンテーロ
(エドウィン・カルドーナ)
ハメス・ロドリゲス
(ファン・ダニエル・ロア)
MF ダビ・グスマン
アラン・クルス
(ハイロン・アッデン)
ブライアン・ルイス
(ランダル・レアル)
ダビ・ラミーレス
(バルロン・セケイラ)
ロナル・マタリータ
(ウリセス・セグーラ)
ラダメル・ファルカオ・ガルシア
(ミゲル・アンヘル・ボルハ)
カルロス・バッカ
(クチョ・エルナンデス)
FW ジョエル・キャンベル
(ホアン・ベネーガス)
カルロス・バッカ 30
クチョ・エルナンデス 72
クチョ・エルナンデス 90+2
ゴール 44 ケンダール・ワストン
サンティアゴ・アリアス
エドウィン・カルドーナ
イエロー
カード
ブライアン・オビエード
ホアン・ベネーガス
アルトゥーロ・レジェス 監督 ロナール・ゴンサーレス
主審: イズメイル・エルファフ (U.S.A.)
会場: レッドブル・アリーナ (ハリソン)
2018.10.16

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。